なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

馬主

淡路島・松山・京都競馬場

投稿日:

5/14(日)静かに週末が終わりました。忙しかった日々を綴っておきます。5/11(木)淡路島にある禅房・清寧(せいねい)へ。パソナの作った施設で精神の修行の場。親友である正道会館の石井和義館長に案内してもらい、体験をしてきました。同行はこれまたわしの親友で空手・士道館の添野達一さん。添野達一師範はわしのカラテの師範ではあるけれど、空手着を脱いだらわしの弟分で、よく飲み歩く。しかし、石井和義館長とは面識はあってもじっくり食事をしながら話すのは初めて。石井和義館長の師匠である芦原英幸さんと添野達一の父の添野義二さんは大山倍達の弟子として日本の空手界に名を残した方たちであり、実はすごい邂逅である。2人で長々とカラテの話をしていた。わしと秘書の川野遥子は隣で静かに聞いていたが、涙が出そうな話をしていました。精進料理、美味かったなぁ。石井和義館長とは淡路島で解散して、ここからは添野達一さんと2人で松山へ。四国と言っても広く、車で3時間かかりました。松山への目的はわしがある人と6月にある行事の打ち合わせ。現場を見ておきたかったからに他ならず。そして、その打合せ相手もまた空手・如水会館の原田寛館長で、たまたまこの方は添野義二さんの本を書いている関係から『たっちゃんも一緒に松山付き合ってよー。』と添野達一も連れてきた。原田寛さんと添野達一さんは初対面ながらお互いよく知っていた。特に原田さんからしたら自分の師匠の芦原英幸さんの弟分の息子。感慨深いものがあったようで、夜の会食の2時間はあっという間でした。会談の内容はここに書いたらすごいことになるので書かないけど、カラテ界も再編の時期ではないか?大山倍達さんの弟子から次の代になり、そしてまたそ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 西山牧場オーナーの笑気分



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-馬主

関連記事

仕事納め

12/28(月) 今年最後の仕事日。 年内に済ませなくてはならない支払いなど、全部終了しました。 あとは12/29の午前中にゴミ捨てなどと新年準備をして、親父の墓参り。 昼に成田隆好が作る年越しそばを …

女性騎手、試練の時

11/4(土)京都競馬場日帰りしてきました。オープンの時に見学会で行きましたが、競馬を観戦するのは新スタンドになって初めて。美しい競馬場ですねー。昭和の時代、父の西山正行と何度も何度も来た旧スタンド。 …

セイウンコウセイの今後は

3/29(月) 高松宮記念のセイウンコウセイは4コーナー回ったときの感触では、一瞬「おっ、まさか」と力が入ったが… ゴール前は勢いのある若馬たちに差し切られました。 それでも、たいして負けてなく、レー …

ウマ娘、ニシノフラワーでTwitterバズる

4/11(月)体調が万全でもないけど、いつもの月曜日が始まりました。昼は馴染みの鮨屋が移転したので、秘書の川野遥子と顔を出しに。(義理堅いように読めますが、ただの寿司好き🍣です。)帰社して、普段の仕事 …

中山競馬場へ行ってきました。

12/13(日)今週は13頭出しも、2着、2着までで未勝利でした。「何やってんだよ!」と言う気分です。二歳勢、酷すぎ。すでに9頭勝ち上がっているが、その後が続かない。ノーザンF生産のニシノコウメイ(8 …