なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

調教

京都金杯 2023 追い切り【最終追い切り後/調教師コメント】

投稿日:

【京都金杯. 2023】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】

【1回中京.1日目】
【2023年/1月5日(木曜日)】
【第61回.京都金杯/ G3ハンデ】
【4歳上/芝1600m】

『京都金杯. 2023』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。

【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM【www.sanspo.com】
【中日スポーツ】【www.chunichi.co.jp】
【デイリースポーツ online】【www.daily.co.jp】

image

【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)

《31日(土)最終追い切り》
◆アルサトワ
◆エアロロノア
◆シュリ

◆オニャンコポン
◆プレサージュリフト
◆ピースワンパラディ

《2日(月)最終追い切り》
◆ヴィクティファルス
◆ベレヌス

◆イルーシヴパンサー
◆タイムトゥヘヴン

《関西馬・栗東》

◆アルサトワ
【牡6/斉藤崇厩舎】

《31日(土)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
富士S11着から反撃を期すアルサトワは、CWコースで6F84秒3~1F11秒8。ラーゴムと併せて約1馬身遅れたが、斉藤崇師は『相手が動きますから。追い切るごとに体調は上向いています』と気にしていない。

【斉藤崇調教師】
「展開に左右されやすく(他馬に)絡まれたらもろいところはありますけど、自分のリズムで走れれば。幸さんがそのあたりはよく分かってくれていると思う」と全6勝中5勝を挙げる鞍上との相性の良さに期待した。

◆ヴィクティファルス
【牡5/池添学厩舎】

《2日(月)最終追い切り:栗東》【日刊スポ】
ディセンバーS7着から臨むG2勝ち馬ヴィクティファルスが2日、栗東坂路で追い切りを行った。馬なりのまま4ハロン51秒8-12秒3をマーク。予定よりは速くなったが、池添学師は『持ったままだったし、そこまで負担は掛かってない』と意に介さなかった。

【またがった団野騎手】
「具合はすごく良さそう。2~3ハロン目は力んでいたけど、加速していく体の使い方は、G2(21年スプリングS)を勝つだけの力があると思いました」と好感触だった。

◆エアロロノア
【牡6/笹田厩舎】

《31日(土)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
年をひとつ重ねて充実期に近づいた。6歳馬エアロロノアがハロー(馬場整地)後の坂路を力強く駆け上がる。笹田助手のゴーサインにこたえて加速ラップを刻み4F53秒1~1F12秒4。笹田師は『時間帯を考えてもあの馬場で十分に時計が出ている。乗り手も動きは良かった、と言っていた」』と納得の表情だった。

22年は当レース(6着)に始まり重賞戦線で走ってきて、G1でも大崩れすることなく潜在能力の高さを示した。トレーナーが伊藤雄二厩舎の調教助手時代に稽古をつけていた祖母エアメサイアをはじめ、おじの重賞3勝馬エアスピネルや母エアワンピースが笹田厩舎で活躍するなど、この母系の特徴は熟知している。『安定して走る。おばあさんやお母さんは牝馬だからしっかりしていたけど、それでも勝ち損じがいくつかあったよね』と説明し『この馬(ロロノア)も緩いところがあるけど、徐々にどっしりして身が締まってきた』。遅咲き傾向の良血にいよいよ覚醒の予感だ。

【笹田調教師】
富士S5着、マイルCS7着を経て、状態面も上昇カーブを描いている。「叩いて良くなるタイプなので、おそらくここ2走よりは状態はいい」と手応え十分。ここで重賞初Vを決め、さらなる飛躍を期している。

◆シュリ
【牡7/池江厩舎】

《31日(土)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
仕切り直しの一戦となるシュリは、開門直後の坂路で4F52秒2~1F11秒9。

【兼武助手】
「ある程度我慢が利いた感じで反応もいい。追うごとに良くなっています」とうなずいた。「今のところ歩様の硬さもないです。筋肉を痛めやすかったり、調整が難しいところがある。やりすぎないように気をつけて、順調にきているのがいいですね。重賞でもやれる力はあるので」と本領発揮を願った。

◆ベレヌス
【牡6/杉山晴厩舎】

《2日(月)最終追い切り:栗東》【東スポ】
ベレヌスの前走・福島記念(9着)はペースが流れたことでラストは止まってしまったが、直線に向いて伸びかけて一瞬は反応していたように敗因は2000メートルの距離にありそう。

最終調整は栗東坂路で単走。先月27日に西村淳が騎乗してウッドでラスト1ハロン10・8秒(6ハロン82・9秒)の猛時計を叩きだしたので、けさは感触を確かめる程度。4ハロン54・4―ラスト1ハロン12・4秒の手控えた内容だったが、軽やかなフットワークで久々でも状態は良さそうだ。

昨年の中京記念を制したようにマイル~1800メートルで持ち前のスピードを生かしたほうがいいタイプ。昨年47勝を挙げて全国リーディング4位に躍進した杉山晴厩舎の管理馬。今年のリーディング奪取へ向けていい好スタートを切りたいところだ。

【小関助手】
「時期的に絞りづらくて数字は増えるかもしれないけど、動きはいいからね。前走はラストでバッタリ止まったように距離が長かった。今回はマイルに戻るし、強力な同型も不在で競馬はしやすいと思う」と巻き返しに躍起。

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝ランキング

《関東馬・美浦》

◆イルーシヴパンサー
【牡5/久保田厩舎】

《2日(月)最終追い切り:美浦》【東スポ】
昨年のGⅢ東京新聞杯以来、2度目の重賞制覇を狙うイルーシヴパンサーは2日、南ウッド単走で5ハロン70・3―54・1―11・2秒。切れのあるフットワークで調子の良さをアピールした。

【久保田調教師】
「年末の追い切りで終える予定もありましたが、冬場でやや絞りづらいのでしまいを伸ばしました。前走(GⅢ関屋記念11着)は暑さがこたえたのか本来の走りができませんでしたが、その後はじっくり立て直したし、冬場は実績ある季節。ここでいいレースをして、また大きなところに挑戦できれば」と、昨年1番人気に推されながら8着に敗れた安田記念へ向けて気炎をあげた。

◆オニャンコポン
【牡4/小島厩舎】

《31日(土)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
マイル初挑戦のオニャンコポンは、美浦坂路で4ハロン53秒6-ラスト12秒5を馬なりでマークした。中アシェットデセール(古馬1勝クラス)、内サヴァリア(新馬)の外をグイグイと伸びて併入した。

【小島調教師】
「他の馬に胸を貸す形。時計も出て、内面も問題ない。もっと腰からグンと入ってきてほしいかな」と状態面を評価。「おばあさんがサプレザ(サンチャリオットSを3連覇。マイルCSに3年連続来日で09、11年に3着)という血統背景もあるし、1度マイルを使いたいと思っていました。馬はすごくパワーをつけている。結果を出してほしい」と昨年京成杯に続く重賞2勝目を期待した。

◆タイムトゥヘヴン
【牡5/戸田厩舎】

《2日(月)最終追い切り:栗東》【日刊スポ】
キャピタルS8着から臨む重賞馬タイムトゥヘヴンは2日、美浦ウッドで単走追いを行った。外ラチ寄りを駆け抜けて状態の良さをアピール。6ハロン84秒9-12秒3。全18戦は中山、東京で初めての輸送競馬を前にしても、上々の仕上がりだ。

【斎藤助手】
「体もしっかり使えていたし、状態はいい。前走は内枠で前が詰まったけど、G3は勝っている。能力的には引けを取らない」と話した。

◆プレサージュリフト
【牝4/木村厩舎】

《31日(土)最終追い切り:美浦》【サンスポ】
秋華賞9着以来のプレサージュリフトは、美浦坂路を4ハロン52秒8─12秒0で力強く駆け抜けた。

【太田助手】
「動きはシャープでいいですね。冬場がいいタイプなのか、毛づや、馬体の張り、カイバ食いが非常にいい状態で帰厩し、今までで一番遠慮せず乗り込めています」

◆ピースワンパラディ
【牡7/大竹厩舎】

《31日(土)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
ピースワンパラディは、美浦ウッドで4ハロン53秒1-11秒9をマークし、マジカルワード(3歳1勝クラス)と併入した。一昨年に2着したレースだが、その後に屈腱炎で1年7カ月の長期休養。

【岩藤助手】
「調教は目立たない馬ですけど、良かったです。脚は毎朝一生懸命に見ていて、いつ再発するかわかりませんが、今回はいい状態だと思う。休み明けの3戦というよりもデビュー以来、今までで一番いい状態だと思います。勝ち負けしてほしい」と願った。

Source: 怪奇!単複男



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-調教

関連記事

シルクロードステークス 2021 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

【シルクロードステークス. 2021】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【1回中京.10日目】 【2021年/1月31日(日曜日)】 【第26回.シルクロードステークス/ G3】 …

新潟記念 2022 結果【レース後/騎手コメントまとめ】

【新潟記念. 2022/結果】 『第58回. 新潟記念・G3ハンデ』 が、2022年.9月4日(日曜日)に、新潟競馬場.芝2000m.で行われました。 1着馬は、10番人気カラテ(菅原明良騎手)。2着 …

札幌記念 2022 予想【単勝/複勝/競馬予想】

【札幌記念. 2022】【競馬予想】 【2回札幌.4日目】 【2022年/ 8月21日(日曜日)】 【第58回.札幌記念/ G2】 【3歳上/ 定量/ 芝2000m】 『札幌記念. 2022』の『予想 …

アルテミスステークス 2020 結果【レース後/騎手コメント】

【アルテミスステークス. 2020/結果】 『第9回. アルテミスステークス・G3』 が、2020年.10月31日(土曜日)に、東京競馬場.芝1600m.で行われました。 1着馬は、1番人気ソダシ(吉 …

アルゼンチン共和国杯 2021 結果【レース後/騎手コメントまとめ】

【アルゼンチン共和国杯. 2021/結果】 『第59回. アルゼンチン共和国杯・G2ハンデ』 が、2021年.11月7日(日曜日)に、東京競馬場.芝2500m.で行われました。 1着馬は、1番人気オー …