なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

馬主

馬主としての番組提言

投稿日:

7/20(水)預託料の支払日。頭数多いとけっこう大変です。(笑)たまには、東京馬主協会副会長らしく、中央競馬の問題点と解決案の提言を書いてみましょう。常時、預託馬70頭から80頭いる馬主としての意見を書きます。馬主の最大の問題(悩み)は除外馬問題です。使いたいのに使えないことほど腹のたつことはありません。これはもう昭和の時代からの課題で、しかしJRAは競馬法で定められた述べ288日開催日を増やそうとはしません。1日13レース案も出ましたが、競馬施行規定を重視して12レースまでしかやってくれません。そのうちに平成9年に4兆円の馬券売上を記録した後は右肩下がり。東日本大震災と言う追い打ちがあり、平成23年には2兆3000億を割り込みました。当時から日本馬主協会労務預託委員会の副委員長を拝命していたわしは、競馬会とどう打破するか、一生懸命に考えました。ちなみにわしが副委員長、委員長は近藤利一さんでした。大震災後遺症が少し落ち着いた頃、競馬会より厩務員の応募が激減して厩務員不足が発生する可能性があること。そして売上4兆円時代からの競馬の縮小と言う名目のもとそれまで東西で4200あった馬房を約10年計画で、3800馬房に減らす、 と言う発表がなされた。同時期にそれまで20馬房13人体制だったのを、12人体制として、給料体系も、従来の厩務員の給料から約2割下げた、新規給料体系を作り上げた。その結果、旧賃金厩務員と新賃金厩務員と言う2つの厩務員がいる。で、さらに同時期に、数年かけてだが、それまであった競走馬の降級制度が亡くなった。すべての会議にわしは出席しており、全続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 西山牧場オーナーの笑気分



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-馬主

関連記事

コロナ禍は続く・・(悪化)

12/18(金) 過日、女子社員より「ちょっと熱があるので、病院に寄ってから出社します。」 3月以前なら「無理しなくていいよ。ゆっくり休んで明日からまた元気に出社してください。」こんな会話が普通だった …

セイウンコウセイの今後は

3/29(月) 高松宮記念のセイウンコウセイは4コーナー回ったときの感触では、一瞬「おっ、まさか」と力が入ったが… ゴール前は勢いのある若馬たちに差し切られました。 それでも、たいして負けてなく、レー …

今期18勝目

中山7Rセイウンプラチナ(小桧山・田辺)芝1800の一番強い組の未勝利戦をしっかりとハナ差だけ勝ち上がる。田辺騎手の「中山が合う」が正解でした。単勝820円次走が楽しみです。7頭目の二歳勝ち上がり。  …

ニシノスーベニア、骨折

6/9(水) このブログも丸11年。よく性懲りもなく書いているなあ。読み返すと、父の西山正行との想い出が多いなあ。 せっかちな人でした。 激しい人でした。 人の好き嫌いがはっきりした人でした。 焼肉屋 …

ネロ、九州へ行きます。

8月のある日、日本軽種馬協会の益満宏行常務からわしに電話が入った。益満さんのJRA時代は厩舎担当で、日本馬主協会連合会・労務預託副委員長の西山茂行と毎年厩務員春闘では一緒になり、いろいろと話し合った。 …