なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

調教

京成杯 2022 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

投稿日:

【京成杯. 2022】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】

【1回中山.6日目】
【2022年/1月16日(日曜日)】
【第62回.京成杯/ G3】
【3歳/別定/芝2000m】

『京成杯. 2022』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。

【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM【www.sanspo.com】
【中日スポーツ】【www.chunichi.co.jp】
【デイリースポーツ online】【www.daily.co.jp】

image

【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)

《12日(水)最終追い切り》
◆タイセイディバイン
◆テンダンス

◆ホウオウプレミヤ
◆ロジハービン

《13日(木)最終追い切り》
◆ヴェールランス
◆オディロン

◆アライバル
◆オニャンコポン
◆サンストックトン

《関西馬・栗東》

◆ヴェールランス
【牡3/藤岡健厩舎】

《13日(木)最終追い切り:栗東》【日刊スポ】
母に桜花賞馬ジュエラーを持つヴェールランスは、Cウッドでスパイラルノヴァと併走。首差遅れたが時計は5ハロン65秒7-11秒3と速かった。

【藤岡健調教師】
「今日のCウッドは力のいる馬場だし、それを考えても十分な動き」と、満足げ。エリカ賞2着後も順調で「体も増えて良くなっている」。父キタサンブラックのように先行してしぶとく伸びるタイプ。チャンスは十分。

◆オディロン
【牡3/浜田厩舎】

《13日(木)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
オディロンは、栗東坂路で4ハロン56秒6-ラスト1ハロン13秒6。7日に栗東CWで強い負荷(6ハロン79秒4-12秒2)をかけられており、この日は馬なりで余力を残す形だった。

【浜田調教師】
「動きはいいですね。馬がしっかりとしてきています」と浜田調教師は説明する。前走はダート戦のJBC2歳優駿で4着。今回は芝の舞台になるが、スタミナ、しぶとさは十分に持っている。「もう1回、芝を使ってみたかったんです。新馬戦(6着)のときとは馬が違いますので」とトレーナーは続けた。

◆タイセイディバイン
【牡3/高野厩舎】

《12日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
栗東坂路で、ラスト1ハロン12秒1(4ハロン52秒7)のシャープな伸び。タイセイディバインが軽快なフットワークで急勾配を駆け上がった。500キロを超す大柄とは思えない素軽さだった。

【高野調教師】
「仕上がりはいいですね。乗りやすくなっていますよ」と納得の表情を浮かべた。マイペースの逃げで前走の未勝利戦を快勝。「中山のコース形態は、この馬に合っていると思います。時計のかかる今の馬場状態もいいと思いますから」と指揮官は前を向いた。

◆テンダンス
【牡3/中竹厩舎】

《12日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
東スポ杯2歳S3着のテンダンスが、クラシックへ重要な一戦を迎える。栗東坂路で和田竜騎手が跨がり、単走。テンの1ハロンは15秒1とゆったりしていたが、3ハロン目から11秒9と一気にペースを上げて、ラスト1ハロンは余裕残しのまま12秒0をマークした。バランスが取れた4ハロン52秒2で、2カ月ぶりでも態勢は十分整っている。『落ち着いているし、いい動き。余裕を持ってこの時計を出せたし、順調だね。前走は少しイレ込むようなところがあったけど、放牧から帰ってからは落ち着いている』とジョッキー。

【中竹調教師】
「前走で輸送も問題なかったし、完成度ではこの時期の兄カデナより上だ。クラシックを見据えての試金石なので、しっかり仕上げて臨む」とキッパリ。17年に弥生賞を制した兄以上の期待を寄せている。

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝ランキング

《関東馬・美浦》

◆アライバル
【牡3/栗田徹厩舎】

《13日(木)最終追い切り:美浦》【報知】
昨年8月の新潟2歳S・G3で2着に入って以来、久々の実戦に臨むアライバル(牡3歳、美浦・栗田徹厩舎、父ハービンジャー)が、Wコースで追い切った。僚馬2頭を前に見る形で5馬身後ろから追走するも、抜かしに行くこともなく終始マイペースで運び、5ハロン66秒7―11秒7をマークした。終始自分のペースをキープし、余裕のある手応え。直線でギアが上がってからの加速はスムーズで、チップを捕らえて前進する姿は迫力満点だった。

【栗田徹調教師】
「折り合いの確認を重視した。これまで、気持ちが高ぶって空回りすることもあったが、そういう面が抜けた」と精神面の成長を確信。さらに「放牧に出て10キロぐらい体重が増えているのは成長分。先週しっかりやったので、引き締まってきた」と競走馬らしく、たくましくなった愛馬に目を細めた。

◆オニャンコポン
【牡3/小島茂厩舎】

《13日(木)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
オニャンコポンが、リベンジへ爪を研いでいる。デビューからタッグを組む菅原明騎手を背に美浦坂路で単走。4ハロン52秒5-11秒9と、しまい重点で力強く脚を伸ばした。

【菅原明騎手】
「ある程度動かしましたが元気いっぱいでした。1回使って、上積みは確実にあると思います」と好感触。デビュー2連勝で挑んだ前走G1ホープフルSは11着。時計は詰めたが、上位とは差をつけられた。「力はありますし、あんなに負けるような馬じゃないです。力はあるので頑張りたいです」と力強く語った。

◆サンストックトン
【牡3/鹿戸厩舎】

《13日(木)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
サンストックトンが、松岡騎手との初コンビで重賞初制覇を狙う。美浦ウッドで僚馬と合わせ、5ハロン67秒6-12秒2(馬なり)で2馬身先着。

【松岡騎手】
「これ以上馬場が悪くなければやれる」とうなずいた。3戦目の前走未勝利戦は熱発明けも初勝利。今回は順調に乗り込めている。07年に同レースをサンツェッペリンで制した鞍上は「おやじのような馬主。親孝行したいね」と笑顔で意気込んだ。

◆ホウオウプレミヤ
【牡3/奥村武厩舎】

《12日(水)最終追い切り:美浦》【スポニチ】
ホウオウプレミアが、美浦Wコースでラスト1F10秒8の強烈な伸びを発揮。こちらは3代母がエアグルーヴ。2億円超の高額で落札された素質馬が、重賞初Vに燃える。強い寒風が吹き付ける美浦Wコース。馬場入りしたホウオウプレミアの背には、栗東から駆けつけた岩田康の姿があった。愛知杯に出走するクールキャットが先行し、サーマルウインド(3歳1勝クラス)を挟んで最後方を追走。直線で最内に併せると、鞍上が手綱を力強く押し込んで気合をつける。馬体を沈めて反応。ラスト1F10秒8(全体時計は6F84秒6~67秒8~53秒1~37秒9)と鋭く伸びて、外2頭に半馬身先着した。

【岩田康騎手】
「前走と比べても成長を感じる。道中も追いだしてからも、大人になりつつある。他馬と比べてもリラックスしているし、ケチをつけるところはない」。百日草特別2着から連続騎乗となる岩田康は、パートナーの着実な進歩を称賛した。前走は勝ったオニャンコポンを捉え切れずも、最速3F33秒1の切れ味で首差まで追い詰めた。「長く脚を使えるし瞬発力もある」。敗れはしたが、ポテンシャルは存分に示したレースぶりを高く評価する。

【奥村武調教師】
「反応が良かった。ウッドチップは得意な馬じゃないが、まだお釣りのある動きだった」と満足顔だ。3代母にエアグルーヴを持ち、19年セレクトセールで2億9160万円(税込み)の高値をつけた良血。陣営の期待は大きい。師は「まだ子供っぽい。もっとどっしり構えてほしい」。課題も挙げた上で「デビュー戦、前走と2回いい形で競馬ができた。馬の成長に合わせながらの調整だが、その中では順調に来た。強い相手にどこまでやってくれるか」と期待を込めた。春の大舞台へ道筋をつける重要な一戦だ。

◆ロジハービン
【牡3/国枝厩舎】

《12日(水)最終追い切り:美浦》【サンスポ】
今回と同じ中山芝2000メートルで未勝利を勝ったロジハービンは、戸崎騎手を背に美浦Wコースでモーソンピーク(2勝クラス)を追走。ゴール前で仕掛けられて6ハロン83秒6-11秒5で内から併入した。

【戸崎騎手】
「最後は伸ばす指示。順調にきている感じ。レースのほうがいい走りをするね。跳びが大きくて器用さに欠けるけど、そんな中でも本当に前走の勝ち方は良かったからね。長く脚を使えると思うし、走りも中山のほうが合っている感じ」と戸崎騎手は舞台適性に自信の口ぶりだ。

Source: 怪奇!単複男



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-調教

関連記事

フェブラリーステークス 2021 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

【フェブラリーステークス. 2021】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【1回東京.8日目】 【2021年/2月21日(日曜日)】 【第38回.フェブラリーS/ G1】 【4歳上 …

ラジオNIKKEI賞 2021 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】

【ラジオNIKKEI賞. 2021/結果】 『第70回. ラジオNIKKEI賞・G3ハンデ』 が、2021年.7月4日(日曜日)に、福島競馬場.芝1800m.で行われました。 1着馬は、4番人気ヴァイ …

クイーンカップ 2022 予想【単勝/複勝/競馬予想】

【クイーンカップ. 2022】【競馬予想】 【1回東京.5日目】 【2022年/2月12日(土曜日)】 【第57回.クイーンカップ/ G3】 【3歳/牝馬/芝1600m】 『クイーンカップ. 2022 …

天皇賞秋 2022 結果【レース後/騎手コメントまとめ】【全馬掲載】

【天皇賞秋. 2022/結果】 『第166回. 天皇賞秋・G1』 が、2022年.10月30日(日曜日)に、東京競馬場.芝2 2000m.で行われました。 1着馬は、1番人気イクイノックス(C.ルメー …

根岸ステークス 2021 結果【レース後/騎手コメント】

【根岸ステークス. 2021/結果】 優勝馬に『フェブラリーS』への優先出走権が与えられる。『第35回. 根岸ステークス・G3』 が、2021年.1月31日(日曜日)に、東京競馬場.ダート1400m. …