なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

調教

スプリンターズステークス 2023 追い切り【最終追い切り後/調教師コメント】

投稿日:

【スプリンターズステークス. 2023】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】

【4回中山.9日目】
【2023年/10月1日(土日曜日)】
【第58回.スプリンターズステークス/ G1】
【3歳上/定量/芝1200m】

『スプリンターズステークス. 2023』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。

【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM【www.sanspo.com】
【中日スポーツ】【www.chunichi.co.jp】
【デイリースポーツ online】【www.daily.co.jp】

image

【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)

《27日(水)最終追い切り》
◆アグリ
◆テイエムスパーダ
◆ドルチェモア
◆ナムラクレア
◆ピクシーナイト
◆マッドクール
◆ママコチャ
◆メイケイエール
◆モズメイメイ

◆ウインマーベル
◆オールアットワンス
◆キミワクイーン
◆ナランフレグ

《関西馬・栗東》

◆アグリ
【牡4/安田隆厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
春のGⅠで結果が出なかったアグリが、前走・産経賞セントウルSで復調。最速の切れ味で2着に突っ込んだ。栗東坂路で横山典騎手を背にグラティアスを追走。スムーズな行きっぷりから4ハロン53秒6、ラスト1ハロン12秒5で併入した。

【安田隆調教師】
「速からず遅からず、いい調教。ジョッキーも『落ち着いている』と言っていた。前走は流れが速くないなか、末脚を生かす形で2着に追い上げてきた。GⅠでのチャンスが大きくなったね」と安田隆調教師。来年2月で引退となるだけに〝短距離王国〟からまたGⅠ馬を出したい。

◆テイエムスパーダ
【牝4/木原厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
テイエムスパーダは富田騎乗で坂路単走。強めに追われ4ハロン53・2―12・0秒と相変わらずの好時計をマークした。

【菅藤助手】
「今日はしまい重点くらいのイメージで。夏場にタフな競馬をしてきましたが、硬さもなく、ストライドもしっかり伸びていました。あとはジョッキーに任せるだけです」

◆ドルチェモア
【牡3/須貝厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
昨年の最優秀2歳牡馬ドルチェモア(牡3、須貝)は西村淳騎手を背に坂路で4ハロン54秒0-12秒8。エコロエイト(2歳新馬)に半馬身先着した。朝日杯FS以来となるG1・2勝目へ。

【須貝調教師】
「先週しっかりとやっているし、今週は輸送もあるので。前走はゲートで挟まれ、スムーズな競馬ができなかった。能力を生かせてないし、改めて」と巻き返しを狙う。

◆ナムラクレア
【牝4/長谷川厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【報知】
前哨戦のキーンランドCを完勝したナムラクレア(牝4歳、栗東・長谷川浩大厩舎、父ミッキーアイル)は、栗東・坂路を単走。軽やかな脚さばきで駆け上がり、楽な手応えのままラスト1ハロンは11秒7をマークし、全体も53秒4でまとめた。

【自ら騎乗した長谷川調教師】
「非常に良かったと思います。緩急もつきましたし、芯が入った走りをしてくれたので、これならいい状態で向かえると思います」と手応え十分だった。昨年は5着、今年の高松宮記念では2着と一線級の実力を示しているが、G1タイトルにはあと少しで届いていない。指揮官は「フルゲートでレースが行われますし、その中で運も必要ですけども、彼女がしっかり力を出し切れるレースさえしてくれればと思います」と声に力を込めた。

◆ピクシーナイト
【牡5/音無厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
一昨年の覇者ピクシーナイトは、当時手綱を取っていた福永祐一調教師を背に坂路でレッドバロッサ(古馬3勝クラス)との併せ馬。2馬身ほど追走する形でスタートして徐々にペースを上げていく。残り2ハロンを過ぎたところで一気に加速すると最後まで脚色が鈍ることなく2馬身突き放してゴール。4ハロン54・2―12・1秒と数字は目立たないが、動きにはキレが戻りつつある。

【福永調教師】
「先週、久しぶりにまたがって踏み込みが物足りない感じがあった。それをスタッフが処置してくれて先週よりも良くなっていた。体の使い方など良化の兆しを感じたし、ここからもう一段上がれば」と福永師は本番までの上昇度に期待を寄せた。

◆マッドクール
【牡4/池添学厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
マッドクールは坂路での単走追いを選択。テンから行きたがるところをなだめつつ、ラストは内の方に進路を取って4ハロン50・3―12・2秒秒をマークした。

【池添調教師】
「1週前追い切りをビシッと行ったことで、レースへ向けての態勢は整ってきたように思います。先行力はあるので、行く馬の後ろにつけて上手に運べればですね」

◆ママコチャ
【牝4/池江厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【日刊スポ】
ママコチャ(牝4、池江)は川田騎手を背に坂路で最終追い。4ハロン52秒5-11秒6と出色の伸びで、アステロイドベルト(古馬3勝クラス)に2馬身先着した。

【池江調教師】
「少し太かったので、しまいスッと伸ばす感じでやった。まずまずいい動きだったと思う。スピードとパワーの両方を兼ね備えている馬。1400メートルでハミをかむところがあるので、1200メートルは合っている」と話した。

◆メイケイエール
【牝5/武英厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
重賞6勝のメイケイエールは栗東CWコースで単走。いつも同様に向正面から。掛かり気味に行って4ハロン51秒8、ラスト1ハロン11秒9を元気いっぱいにマークした。

【武英調教師】
「掛かるのはいつも。いろいろやってきたが、一生懸命さが取れない。そこが持ち味かもしれないが…。ただ、放牧中から試している特殊なハミの効果はありそうで、掛かっても収まりが違うのは先週乗った池添騎手も感じている。できれば内枠を引きたい。折り合えばいい脚を使う」と、武英調教師は改めてGⅠ獲りに挑む。

◆モズメイメイ
【牝3/音無厩舎】

《27日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
モズメイメイは坂路で併せ馬。手応えに余裕を残しながらも脚色の違いは明らか。ラスト1ハロンで抜け出し豪快に4馬身突き抜けた(4ハロン50・9―12・7秒)。

【生野助手】
「放牧からすごくいい状態で帰ってきてくれました。馬はしっかり仕上がっていると思います」

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝ランキング

《関東馬・美浦》

◆ウインマーベル
【牡4/深山厩舎】

《27日(水)最終追い切り:美浦》【東スポ】
前走のキーンランドCは中間に挫石のアクシデントに見舞われ、レースでも悪路の中、スタートで挟まれる不利を受けて16着に終わったウインマーベル。昨年2着と躍動した舞台での復活にかける今回は南ウッドで古馬2勝クラスと併せ馬。道中は4馬身追走。直線一杯に追われるとラスト1ハロンは12.0秒(5ハロン68.8秒)を記録し、1馬身半先着。素軽いフットワークが好印象だ。

【深山調教師】
「前走は挫石に加えて重馬場やスタートで挟まれたりして…という感じですね。疲れも表に出しておらず、ひと叩きして前回よりいいデキにはあると思います」。続けて「斤量は(昨年の55キロから)58キロに増えましたが、力はある馬ですからね。展開や枠、馬場などの条件がかみ合ってほしいですね」と運を味方につけての逆襲を誓った。

◆オールアットワンス
【牝5/中館厩舎】

《27日(水)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
アイビスSD覇者でG1初挑戦のオールアットワンス(牝5、中舘)は美浦ウッドで最終追い切りを行った。古馬1勝クラスのインペリアルラインを2馬身追走し、併入で走破した。5ハロン66秒7-11秒6を馬なりで計時。直線では鞍上の手綱が激しく動くことはなかったが、推進力のある動きを見せた。

【中館調教師】
「時計は思った通りで良かったと思います。体調はこれまでで一番いいですね。先週しっかりとやってるので、しまいはバシッとやらなくてもこれくれらいでいい」と、うなずいた。

◆キミワクイーン
【牝4/奥村武厩舎】

《27日(水)最終追い切り:美浦》【サンスポ】
キーンランドC7着から巻き返したい函館SS優勝馬キミワクイーンは、美浦Wコースで5ハロン65秒6、ラスト1ハロン11秒8。フリートオブフットを3馬身追走する流れから、抜群の手応えのまま直線で内に入ると、楽に1馬身抜け出した。

【奥村武調教師】
「遅すぎず、やりすぎないようにした。夏以降、馬が充実してきた。かなりいい状態で臨めるのでは」と納得の仕上がりだ。

◆ナランフレグ
【牡7/宗像厩舎】

《27日(水)最終追い切り:美浦》【報知】
昨年の3着馬で、前走のキーンランドC10着から巻き返しを狙うナランフレグ(牡7歳、美浦・宗像義忠厩舎、父ゴールドアリュール)が、Wコースでの3頭併せで及第点の動きを見せた。外シリウスコルト(2歳1勝クラス)、中ラーグルフ(4歳オープン)に続く3番手からスタートし、5ハロン66秒8―11秒7の馬なりで大きく遅れた中ラーグルフを尻目に、外シリウスコルトとほぼ併入に持ち込んだ。

【手綱を執った丸田恭介騎手】
「最後は2歳に併せる程度で持ったままこられた。状態が良すぎた前走ほどではないが、いい状態をキープ。去年のスプリンターズSと同じくらいですね」と語った。この日の追い切りでは、前走で初めて装着したブリンカーを着けなかったが「あまり慣れても困るので要所で。本番は着けます」とレースでは着用する予定だ。

Source: 怪奇!単複男



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-調教

関連記事

中京記念 2021 結果【レース後/騎手コメント】

【中京記念. 2021/結果】 サマーマイルシリーズ第2戦目。『第69回. 中京記念・G3ハンデ』 が、2021年.7月18日(日曜日)に、小倉競馬場.芝1800m.で行われました。 1着馬は、1番人 …

高松宮記念 2021 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

【高松宮記念. 2021】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【2回中京.6日目】 【2021年/3月28日(日曜日)】 【第51回.高松宮記念/ G1】 【4歳上/定量/芝120 …

大阪杯 2022 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント/まとめ】

【大阪杯. 2022】【出走予定/注目馬】【追い切り後/調教師コメント】 【2回阪神.4日目】 【2022年/4月3日(日曜日)】 【第66回.大阪杯/ G1】 【4歳上/定量/芝2000m】 『大阪 …

エリザベス女王杯 2021 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

【エリザベス女王杯. 2021】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【5回阪神.4日目】 【2021年/11月14日(日曜日)】 【第46回.エリザベス女王杯/ G1】 【3歳上/ …

マイルチャンピオンシップ 2020 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】

【マイルチャンピオンシップ. 2020/結果】 『秋のマイル王決定戦』。『第37回. マイルチャンピオンシップ・G1』 が、2020年.11月22日(日曜日)に、阪神競馬場.芝1600m.で行われまし …