なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

調教

エリザベス女王杯 2021 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

投稿日:

【エリザベス女王杯. 2021】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】

【5回阪神.4日目】
【2021年/11月14日(日曜日)】
【第46回.エリザベス女王杯/ G1】
【3歳上/定量/芝2200m】

『エリザベス女王杯. 2021』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。

(京都競馬場大改修のため、今年は阪神競馬場芝2200Mで行われます。)

【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM【www.sanspo.com】
【中日スポーツ】【www.chunichi.co.jp】
【デイリースポーツ online】【www.daily.co.jp】

image

【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)

《10日(水)最終追い切り》
◆シャムロックヒル
◆ソフトフルート
◆ランプリングアレー
◆レイパパレ

◆アカイトリノムスメ
◆ウインキートス
◆ウインマリリン
◆テルツェット

《関西馬・栗東》

◆シャムロックヒル
【牝4/佐々木厩舎】

《10日(水)最終追い切り:栗東》【日刊スポ】
エリザベス女王杯に向けて10日、東西トレセンで最終追い切りが行われた。G1初挑戦となるシャムロックヒルは、団野騎手を背にCウッドで単走追い。2走前のマーメイドSでは、軽ハンデ(50キロ)ながら今回と同じ阪神内回りコースを逃げ切って重賞初制覇。マイペースがかなえば、不気味な存在となりそうだ。

【佐々木調教師】
「1週前にも目いっぱいやって、日曜日(7日)にもやっているので、今日はサラッと。オーバーワークにならないようにね。マーメイドS時の仕上がりに近づいているし、舞台はベスト」

◆ソフトフルート
【牝4/斉藤崇厩舎】

《10日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
前走・新潟牝馬S2着のソフトフルートは、栗東CWコースでギブンアンソートを3馬身追走。内に入った直線で一杯に追われた相手を楽な手応えでかわし、1馬身半先着した。6ハロン85秒4、ラスト1ハロン11秒9と時計も上々だ。

【岩田望騎手】
「1週前にしっかりやった分、動きが良くなっていた。前走はいかにも久々という感じ。状態は上向いているし、脚をためることができれば最後は切れる」と、好感触だった。

◆ランプリングアレー
【牝5/友道厩舎】

《10日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
叩き2走目のランブリングアレーは、栗東CWコースで単走。向正面から馬場入りし、半マイルからスタート。馬なりで直線に向かい、ラスト1ハロンも12秒3(4ハロン51秒3)と余力十分だった。

【友道調教師】
「オーバーワークにならないように単走でサッと。リズム良く、いい感じだった。使った上積みはあるし、年齢を重ねてもまれ弱さも解消してきた。馬ごみも大丈夫」と友道調教師は手応え。

◆レイパパレ
【牝4/高野厩舎】

《10日(水)最終追い切り:栗東》【報知】
大阪杯以来の2回目のG1勝利を目指すレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎、父ディープインパクト)が、坂路で併せ馬を行った。新たにコンビを組むクリストフ・ルメール騎手が騎乗。ライトウォーリア(4歳オープン)を追走から、最後に力強く伸びて1馬身先着。52秒9―12秒5のタイムで終えた。昨年の秋華賞(抽選除外となり、自己条件の大原Sでは騎乗せず)の1週前追い切り以来、1年ぶりにレイパパレの感触を確かめた。ルメール騎手はエリザベス女王杯を2勝。2008年のリトルアマポーラ、昨年のラッキーライラックをいずれも初騎乗で勝っている。今回のレイパパレも初コンビで勝利に導くことができるか。

【ルメール騎手】
「重い馬場で反応がちょっと遅かったけど、最後まで一生懸命走ってくれました。大人になったこともあり、フルパワーを使わずに走っていました。阪神の2200メートル、内回りはトリッキー。距離はちょっと長いと思います。ギリギリの距離ですが、馬の後ろで脚をためてリラックスして運べたらと思います」とイメージを膨らませていた。

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝ランキング

《関東馬・美浦》

◆アカイトリノムスメ
【牝3/国枝厩舎】

《10日(水)最終追い切り:美浦》【東スポ】
第46回エリザベス女王杯の最終追い切りが、10日朝行われた。3歳勢の筆頭格アカイトリノムスメは、馬なりでラスト1ハロン11・9秒をマークする好追い切りを披露。母アパパネが成し遂げられなかった統一女王の座へ向け、視界良好だ。春は桜花賞4着、オークス2着と、わずかにタイトルには手が届かず涙をのんだが、ラスト3冠目で悲願の“母子GⅠ制覇”を達成。古馬になってからもGⅠを制した母アパパネ譲りの“成長力”を見せつけたのが前走の秋華賞だった。初GⅠVの勢いそのままに、今度は母が唯一取れなかった牝馬限定GⅠエリザベス女王杯に挑む。注目の最終追い切りは、戸崎圭を背に美浦南ウッドで併せ馬。同厩のミッキーパンチ(古馬1勝クラス)を2馬身追走してスタート。折り合いよく道中を進めると、3~4コーナーで内に潜り込む。直線で内から馬体を並べると、最後まで余裕の手応えで、楽々と11・9秒をマークし併入フィニッシュを果たした。

【手綱を取った戸崎圭騎手】
「いいですね。レース当週なので気持ち良く走らせられれば…と思っていましたが、いい雰囲気でしたよ。レース間隔は短いですけど、変にテンションが上がったりすることもなく、ゆったりとしていて落ち着きがありましたね。陣営からは“カイバもしっかり食べている”と聞いていましたが、そのおかげか、馬体の立派さや成長のようなものも感じました」と、わずか中3週ながらこの間にもさらなる成長を遂げたことを証言した。

【国枝調教師】
「関西への輸送があるのでそこまで強くはやらなかったが、いい動きだったね。前走後はすぐに体が回復したし、輸送も苦にしないタイプだから、今度は前走より少し体重を増やして送り出せるんじゃないかな。いい感じだよ」。「(今回は距離が1ハロン延びるうえに、初の古馬との対戦になるが、その点についても)アパパネは筋肉質な馬体で、マイルから2000メートルくらいがベストだったけど、こちらはどちらかといえば細身のタイプ。だから距離は2000メートルよりもむしろ延びた方がいいと思う。年長馬との対戦も、この3歳世代は上のカテゴリーでも頑張っているからウチもその流れに乗っていければ」と意に介していない様子だった。勝てば最優秀3歳牝馬のタイトルも見えてくる重要な一戦。さらなる“飛翔”へ向けて、万全の態勢が整った。

◆ウインキートス
【牝4/宗像厩舎】

《10日(水)最終追い切り:美浦》【報知】
初のG1挑戦となるウインキートス(牝4歳、宗像義忠厩舎、父ゴールドシップ)が、Wコースで最終追い切りを行った。丹内祐次騎手を背に単走。終始リラックスした走りで、直線に入っても手応え良くしっかり脚を伸ばすと、6ハロン81秒0―11秒9でフィニッシュした。

【丹内騎手】
「先週、負荷をかけて、今週は息を作る程度だったけど、折り合いがついて反応もかなり良かった」と納得の表情を浮かべる。3走前の目黒記念で初のタイトルを奪い、前走のオールカマーでも2着と充実してきている。「相手は強いけど、1着を目指して頑張ります」と鞍上は強い気持ちで挑んでいく。

◆ウインマリリン
【牝4/手塚厩舎】

《10日(水)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
オールカマー1着で秋初戦を好発進のウインマリリンは、美浦ウッドを単走で追い切られた。5ハロンを、69秒0-11秒5で走破。絶好調とは言えないが、うるさい面などは見せずにスムーズな加速を披露。

【手塚調教師】
「持病の右ヒジもあって、前走後は1週間楽をさせました。そのケアと並行しつつ調整をしてきた。調整自体はうまくいっている。今年の主役の1頭であるのは間違いない」と評価した。

◆テルツェット
【牝4/和田郎厩舎】

《10日(水)最終追い切り:美浦》【報知】
クイーンSの覇者テルツェット(牝4歳、美浦・和田正一郎厩舎、父ディープインパクト)が、Wコースで好気配をみせた。追い切りは単走。リズム良く走るとスムーズな加速から、5ハロン71秒3―12秒5をマークした。叔母のラヴズオンリーユーは、6日に米デルマー競馬場で行われたBCフィリー&メアターフを日本調教馬として初めて制覇。血の勢いを味方に初のビッグタイトルをたぐり寄せるつもりだ。

【和田郎調教師】
「負荷をかけるというよりは、力みを取る感じでやりました。力みもなく良かったと思います」と万全を伝えた。前走のクイーンSは、後方から鋭く伸びて差し切り勝ちした。初の2200メートルに挑戦するが、トレーナーは「走ったことがないので分からないが、前回の競馬をみるともう少し距離があった方がいいと思う」と克服に自信をみせる。

Source: 怪奇!単複男



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-調教

関連記事

アルゼンチン共和国杯 2020 結果【レース後/騎手コメント】

【アルゼンチン共和国杯. 2020/結果】 『第58回. アルゼンチン共和国杯・G2ハンデ』 が、2020年.11月8日(日曜日)に、東京競馬場.芝2500m.で行われました。 1着馬は、3番人気オー …

セントウルステークス 2021 結果【レース後/騎手コメント】

【セントウルステークス. 2021/結果】 サマースプリントシリーズ・最終戦。優勝馬に『スプリンターズステークス』への『優先出走権』が与えられる。『第35回. セントウルステークス・G2』 が、202 …

京都金杯 2021 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】

【京都金杯. 2021/結果】 『第59回. 京都金杯・G3ハンデ』 が、2021年.1月5日(火曜日)に、中京競馬場.芝1600m.で行われました。 1着馬は、12番人気ケイデンスコール(岩田康誠騎 …

スプリングステークス 2021 予想【単勝/複勝/競馬予想】

【スプリングステークス. 2021】 【競馬予想】 【2回中山.8日目】 【2021年/3月21日(日曜日)】 【第70回.スプリングステークス/ G2】 【3歳/芝1800m】 『スプリングステーク …

エプソムカップ 2021 予想【単勝/複勝/競馬予想】

【エプソムカップ. 2021】 【競馬予想】 【4回東京.3日目】 【2021年/6月13日(日曜日)】 【第38回.エプソムカップ/ G3】 【3歳上/別定/芝1800m】 『エプソムカップ. 20 …