なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

調教

ホープフルステークス 2022 追い切り【最終追い切り後/調教師コメント】

投稿日:

【ホープフルステークス. 2022】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】

   

【5回中山.9日目】
【2022年/12月28日(水曜日)】
【第39回.ホープフルステークス/ G1】
【2歳/芝2000m】

『ホープフルステークス. 2022』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。

 
 

【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM【www.sanspo.com】
【中日スポーツ】【www.chunichi.co.jp】
【デイリースポーツ online】【www.daily.co.jp】

image

【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)

《24日(土)最終追い切り》
◆セブンマジシャン
◆セレンディピティ
◆ドゥラエレーデ
◆ファントムシーフ
◆ボーンイングランデ

◆キングズレイン
◆ハーツコンチェルト

《25日(日)最終追い切り》
◆スカパラダイス
◆トップナイフ
◆フェイト
◆ミッキーカプチーノ

◆ガストリック
◆グリューネグリーン
◆シーウィザード
◆ジェイパームス
◆モンドプリューム

《関西馬・栗東》

◆スカパラダイス
【牡2/寺島厩舎】

《25日(日)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
ルーキー今村のG1初騎乗で注目されるスカパラダイスは、坂路でしまいを伸ばしてラスト1F12秒9(4F57秒0)。

【佐々木助手】
「木曜(22日)に時計を出しているので、しまいの反応を確かめる程度。凄く良かったです」と上々の手応え。「間隔は詰まっていますけど、使った後の疲れもなくていい感じ。まだ体が出来ていなくて無理をさせられないところもあるけど、G1に向けてうまく仕上がったと思います」と胸を張った。

◆セブンマジシャン
【牡2/高野厩舎】

《24日(土)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
セブンマジシャン(牡=高野)は、坂路で僚馬リンドラゴ(3歳1勝クラス)と併せ馬。ゴール前はいっぱいに追われ、4F53秒0~1F12秒1で2馬身半先着した。

【高野調教師】
「最後はしっかりやった。いい仕上がりです」と満足げ。新馬戦、黄菊賞と連勝中。「真面目で人間の要求に一生懸命。相手関係がどうかも楽しみはある」と期待を寄せた。

◆セレンディピティ
【牡2/音無厩舎】

《24日(土)最終追い切り:栗東》【日刊スポ】
ホープフルSに向けて23日、セレンディピティ(牡、音無)が追い切りを行った。坂路でブルーロワイヤル(古馬2勝クラス)と併せて半馬身遅れたが、手応えは十分。4ハロン51秒4-13秒0の好時計をマークした。

【音無調教師】
「いい動きだったと思う。51秒台のいい時計も出ていたし、ラストも流した感じだと思うから問題ない」と調整は順調だ。

◆トップナイフ
【牡2/昆厩舎】

《25日(日)最終追い切り:栗東》【報知】
トップナイフ(牡2歳、栗東・昆貢厩舎、父デクラレーションオブウォー)が、一発ムードを漂わせている。最終追い切りはCWコースで82秒9―11秒8。力強いストライドで駆け抜けた。前走の京都2歳Sでは、4角で大きな不利を受けながら再度、直線で脚を伸ばして2着。勝負根性を見せ、鞍上の横山典騎手も『不利が痛かったが、よく頑張ってくれた。能力面を確認することができたし、これからが楽しみだね』とレース後は高評価していた。ここまでキャリア6戦。経験豊富なのは2歳戦では強みになる。

【昆助手】
「バランスとしまいの確認。使っているので大きくは変わっていませんが、しまいの動きは良かったですね」と好感触。「前走は驚きました。どんな競馬もできますし、中山も合いそうな感じはあります」。

◆ドゥラエレーデ
【牡2/池添学厩舎】

《24日(土)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
東スポ杯2歳S4着のドゥラエレーデは、CWコース単走で6F91秒2~1F11秒3。

【池添学調教師】
「(21日の坂路で4F)55秒ぐらいで我慢できたので、今日は前半ため気味に、3Fだけしまいを伸ばした感じ。風が強かったですけど馬なりで11秒3が出ていて、上昇カーブを描けていると思います」と納得の口ぶり。舞台について「コーナー4つでうまいこと息を入れられれば。折り合いが鍵になると思います」とポイントを挙げた。

◆ファントムシーフ
【牡2/西村厩舎】

《24日(日)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
野路菊S1着のファントムシーフは、坂路単走で4F54秒6~1F12秒2。

【稽古をつけた梛木助手】
「仕上がっているので、切れ味を確認する程度。週中(21日)に乗っていただいた福永さんに“スケール&骨格とも大きくなって順調に育っている”と言ってもらいました」と好感触。「体高が伸びてフレームは恵まれてるけど、まだ筋肉など中身が追いついていない感じ。それでも2歳と考えればしっかりしている方。距離は長い方がいいと思うので」と好走を期待していた。

◆フェイト
【牡2/矢作厩舎】

《25日(日)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
東スポ杯2歳S5着から参戦するフェイトは、坂井を背に坂路単走。しまい重点に4F55秒1~11秒9を刻んだ。

【柿崎助手】
「水曜(21日)にしっかり追い切ったので、しまいだけ伸ばす感じ。まずまずですね」と納得の表情。「まだまだ体を使い切れていないところがありますし、馬体重から受ける印象より、ひょろひょろした感じ。どこまでやれるかですね」と実戦の走りに期待していた。

◆ボーンイングランデ
【牡2/吉田厩舎】

《24日(土)最終追い切り:栗東》【日刊スポ】
1戦1勝馬のボーンイングランデは、Cウッドで斎藤騎手が感触を確かめた。単走で6ハロン85秒6-11秒6をマーク。軽快なフットワークでしまいを伸ばした。

【斎藤騎手】
「今日は感触を確かめる程度でしたが、しまいまでしっかり動けていました。具合はいいと思います。前走からいい意味で精神的には変わっていないですし、すごく落ち着きがあります」と好感触を得ていた。

◆ミッキーカプチーノ
【牡2/矢作厩舎】

《25日(日)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
デビュー2連勝中のミッキーカプチーノは、開門直後のCWコースで単走。半マイルからペースアップして4F53秒3~1F11秒7を刻んだ。

【稽古をつけた広岡助手】
「もともと15―15(1F15秒程度)に毛が生えるぐらいの予定でしたが、獣医師さんに聞いたら心音が良く、もう少しやってもいいとのことだったので。しっかり反応していました」と好感触。過去2戦はいずれも関東圏で長距離輸送は経験済み。「前回は中山に着いてからもしっかりカイバを食べていて、少し絞れると思ったらプラス体重。増えていても問題ないし、今回も順調ですね」と手応え十分に話した。

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝ランキング

《関東馬・美浦》

◆ガストリック
【牡2/上原厩舎】

《25日(日)最終追い切り:美浦》【スポニチ】
2戦2勝のガストリックは強豪がそろった前走・東スポ杯2歳Sを制し、一気にG1の頂が近づいた。日曜朝は坂路単走で4F56秒3~1F13秒6。軽めの時計は予定通り。

【上原調教師】
「変則日程なので調整の間隔も考えての時計。息遣いを整える程度だが、動きは良かったと思う」と抜かりのない仕上がりに納得の表情だった。

◆キングズレイン
【牡2/手塚厩舎】

《24日(土)最終追い切り:美浦》【東スポ】
百日草特別を勝ったキングズレインは、ジュニパーベリー(古馬オープン)、ヤングローゼス(2歳未勝利)と南ウッドで3頭併せ。最内の五分どころを6、7馬身追走して追いつき併入した(5ハロン67・1―11・8秒)。

【手塚調教師】
「予定より時計が速くなりました。絶好調ですね。前走よりいいです。まだ緩いですが、申し分ないデキですね。器用な馬なので、外過ぎない枠がいいです。良馬場でやれたら」と状態の良さを口にした。

◆グリューネグリーン
【牡2/相沢厩舎】

《25日(日)最終追い切り:美浦》【報知】
前走の京都2歳Sで重賞初勝利を飾ったグリューネグリーン(牡2歳、美浦・相沢郁厩舎、父ラブリーデイ)は、活気のあふれる雰囲気が光った。Wコースで外モカフラワー(3歳1勝クラス)を3馬身追走から、5ハロン67秒7―11秒9で強めに追って、最後は併入に持ち込んだ。

【相沢調教師】
「いいね。(前走後は)少しソエ(骨膜炎)が出たけど、今は問題ない。この間の競馬を見ていたら、中山はいいんじゃないかな」と、期待を膨らませた。

◆シーウィザード
【牡2/鹿戸厩舎】

《25日(日)最終追い切り:美浦》【スポニチ】
ホープフルSと同じ中山2000メートルの芙蓉Sを勝ったシーウィザードは坂路で併せ馬。ルージュアマルフィ(2歳新馬)を1馬身追走し、ラストで仕掛け、4F54秒2~1F12秒6で併入に持ち込んだ。

【鹿戸調教師】
「金曜に追ったが元気がいいのでやった。最後だけ伸ばして余裕があった。体調は凄くいい。メンバーはグンと強くなるが、うまく脚をためてどこまでやれるか」と期待を寄せた。

◆ジェイパームス
【牡2/堀厩舎】

《25日(日)最終追い切り:美浦》【スポニチ】
ジェイパームスは坂路単走で4F56秒5~1F13秒2。デビュー2戦目でのG1挑戦を前に動きが良化している。東京の新馬戦で3馬身差快勝の素質馬がベールを脱ぐか。

【堀調教師】
「能力を出せる仕上がりで、サトノネプチューン(G1昇格前の12年優勝)の経験から、このレースはキャリア1戦が足かせになることはないと考えている」とコメント。

◆ハーツコンチェルト
【牡2/武井厩舎】

《24日(土)最終追い切り:美浦》【東スポ】
ハーツコンチェルトは坂路単走で、4ハロン52・5―13・0秒(強め)にまとめた。武井調教師は『ここまで順調にきており、今日はいつもより軽めの調整でした。逆ラップ(13・5→13・3→12・7→13・0秒)になっているのは前に縦列があったためです』と説明した。前走の東京スポーツ杯2歳Sは1番人気に推されながら、出遅れが響いて3着に敗れた。最後方のスタートからいいポジションが取れず、直線でも大外を回されるロスがあった。にもかかわらず、上がり最速3ハロン33秒8の脚で追い上げ、勝ち馬ガストリックに0秒2差まで迫った競馬は〝負けて強し〟だった。中間の稽古には黛がまたがり、レースで騎乗する松山とコンタクトを取って状態を伝えているという。コース替わりで迎える大舞台。本領発揮での戴冠に期待がかかる。

【武井調教師】
「中間はゲート練習をやりましたが、出ないかなという感じがあって、もう1回やってレースに臨みます。今回は出遅れても道中で挽回できるのがいいですね。体はもうひと絞りしてもいいかもしれませんが、まだ2歳ですから」と、巻き返しへのプランを明かした。

◆モンドプリューム
【牡2/水野厩舎】

《25日(日)最終追い切り:美浦》【スポニチ】
前走でダートの1勝クラスを勝ったモンドプリュームは坂路4F72秒4で上がった後、Wコースに移動。単走で4F56秒5~1F12秒4で駆け抜けた。デビューから3戦は芝のレースを使われ5、2、6着。ダートに転じて1、2、1着と結果を出したが、力をつけた今なら芝でも違った結果を期待できそうだ。

【山本助手】
「前走は休み明けで勝たせてもらって今回は叩き2戦目。すこぶる順調に来ている。動きもいいので久々の芝でもいい競馬ができると思う」と期待を寄せる。

Source: 怪奇!単複男



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-調教

関連記事

函館記念 2021 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

【函館記念. 2021】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【1回函館.6日目】 【2021年/7月18日(日曜日)】 【第57回.函館記念/ G3ハンデ】 【3歳上/芝2000m …

新潟2歳ステークス 2022 予想【単勝/複勝/競馬予想】

【新潟2歳ステークス. 2022】【競馬予想】 【3回新潟.6日目】 【2022年/ 8月28日(日曜日)】 【第42回.新潟2歳ステークス/ G3】 【2歳/ 芝1600m】 『新潟2歳ステークス. …

レパードステークス 2022 結果【レース後/騎手コメントまとめ】

【レパードステークス. 2022/結果】 『第14回. レパードステークス・G3』 が、2022年.8月7日(日曜日)に、新潟競馬場.ダート1800m.で行われました。 1着馬は、7番人気カフジオクタ …

皐月賞 2022 予想【単勝/複勝/競馬予想】

【皐月賞. 2022】【競馬予想】 【3回中山.8日目】 【2022年/4月17日(日曜日)】 【第82回.皐月賞/ G1】 【3歳/定量/芝2000m】 『皐月賞. 2022』の『予想・データ・まと …

ダイヤモンドステークス 2021 結果【レース後/騎手コメント】

【ダイヤモンドステークス. 2021/結果】 『第71回. ダイヤモンドステークス・G3ハンデ』 が、2021年.2月20日(土曜日)に、東京競馬場.芝3400m.で行われました。 1着馬は、7番人気 …