なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

予想

阪急杯2021予想【出走予定馬分析】インディチャンプの不安要素公開!注目は1週前追い切り(坂路)で51秒台の好時計叩き出したアノ馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210224115855j:plain

 

阪急杯2021予想【出走予定馬分析】インディチャンプの不安要素公開!注目は1週前追い切り(坂路)で51秒台の好時計叩き出したアノ馬!

 

 

2021年2月28日(日)

阪神競馬11レース(15時35分発走

第65回阪急杯(G3)

阪神芝1400m 4歳以上別定

 

★阪急杯2021★

★予想オッズ★

 

①人気 インディチャンプ  2.6倍

②人気 ダノンファンタジー 4.0倍

③人気 レシステンシア   7.3倍

④人気 カツジ       10.6倍

⑤人気 クリノガウディー  13.4倍

 

★阪急杯2021★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

インディチャンプ

(牡6歳 父ステイゴールド・母ウィルパワー)

前走:阪神カップ3着(阪神芝1400m:1分20秒1)

2019年6月のG1・安田記念でアーモンドアイ相手に勝ち切るなど、これまでに芝1600mのG1を2勝している現役最強格のマイラーが年明け初戦として阪急杯をチョイス。2走前のG1・マイルチャンピオンシップでは惜しい2着に敗れましたが、先着を許したのが絶好調のグランアレグリアでしたから、相手が悪かったがゆえの敗戦という見方が妥当かと思います。ただ【●●●●●●●】な面もありますので、慎重に取捨選択していきたいです。

 

インディチャンプの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

カツジ

(牡6歳 父ディープインパクト・母メリッサ)

前走:マイルCS17着(阪神芝1600m:1分34秒3)

2走前のG2・スワンステークス(京都芝1400m)で鮮やかな逃げ切り勝ちを決め、2つ目の重賞タイトルを奪取。前回のマイルチャンピオンシップはまさかのシンガリ負けを喫しましたが、相手関係が悪かっただけなので、G2戦に替わる今回は見直しが必要ですし、あたりの柔らかい武豊騎手への乗り替わり自体も特に問題ないかと思います。ただ、今回はマイルチャンピオンシップでも顔を合わせた逃げ馬・レシステンシアとの兼ね合い次第…という面がありますので、同型と激しく競り合う形になった場合は案外な結果に終わる可能性も。

 

クリノガウディー

(牡5歳 父スクリーンヒーロー・母クリノビリオネア)

前走:シルクロードS16着(中京芝1200m:1分09秒6)

2020年3月末のG1・高松宮記念で1位入線を果たしたものの、直線で斜行し、他馬への妨害をとられてしまい、4着降着という悔しい結果に終わりました…。高松宮記念での降着処分が響いたのか、高松宮記念後のレースではすべて馬券圏外に凡退していますし、大外枠で前に壁を作れず、なし崩し的に脚を使わされた前走・シルクロードステークスではまさかの16着に大敗していますから、道中で折り合いをバッチリつけられるのかどうか…というところが大きなポイントとなります。でも、今回と同じ阪神芝1400mで行われた昨年末のG2・阪神カップでは掲示板内の5着に入っていますので、コース相性の良さを実戦で活かしたいところ。

 

ダノンファンタジー

(牝5歳 父ディープインパクト・母ライフフォーセール)

前走:阪神カップ1着(阪神芝1400m:1分19秒7)

2018年12月の阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神芝1600m)を優勝しているG1ホース。3歳時のG2・ローズステークス(阪神芝1800m)でレコード勝ちを決めてから、不振に陥っていましたが、藤岡佑介騎手を鞍上に迎えた前走・阪神カップで鮮やかな好位差しを決め、約1年3ヶ月ぶりとなる勝ち星を挙げ、復調気配に差し掛かっています。年明け初戦なので、レース間隔が空いた分の割引が必要ですけど、道中の折り合いに課題がある分、前回と同じ1400mの距離を使う点は好感が持てますので、休み明けの立場でも侮れない存在としてピックアップしておきます。

 

ベストアクター

(セ7歳 父ディープインパクト・母ベストロケーション)

前走:阪急杯1着(阪神芝1400m:1分20秒3)

重賞レース初出走となった1年前の阪急杯を浜中俊騎手とのコンビで勝ち切り、いきなり重賞ホースの仲間入りを果たしましたが、その後に長期休養を余儀なくされ、1年ぶりの実戦が連覇の期待が懸かる阪急杯、という厳しいローテーションになってしまいました。昨秋の段階から入念に乗り込んでいるようですけど、馬体が細身でビシビシ鍛えられないタイプなので、レース間隔が空いた分の割引が必要ですし、インディチャンプやダノンファンタジーといった旬の好調馬が顔をそろえた今年の方が1年前よりも相手関係が強化されていますから、様子見程度の評価が妥当かと思います。

 

レシステンシア

(牝4歳 父ダイワメジャー・母マラコスタムブラダ)

前走:マイルCS8着(阪神芝1600m:1分32秒8)

2019年のG1・阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神芝1600m)を優勝していて、昨年5月のG1・NHKマイルカップ(東京芝1600m)でも2着に粘っている徹底先行型。NHKマイルカップ後に左第1指骨剥離骨折のアクシデントに見舞われ、骨折明け初戦となった前走・マイルチャンピオンシップでは8着に凡退しています。レース間隔が空いていたとはいえ、直線でこの馬らしい粘り腰が見られなかった前回からの変わり身があるのかどうか…というところは微妙ですけど、スピード一辺倒のタイプなので、1400mへの距離短縮は歓迎ですし、レース当日の阪神芝コースが前残り傾向だった場合は要注意の存在として認識する必要があります。

 

★阪急杯2021★

★出走予定馬分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

余力たっぷりの手応えで併走先着を果たした1週前追い切り(坂路4ハロン51.8-37.5-24.3-12.0)で高水準の動きを披露していたこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。一本調子で走ってしまうタイプなので、道中で溜めを利かせる必要がない1400mの距離はベストですし、1週前追い切りの動画を今一度確認してみたところ、やや余裕残しの状態だった前走よりも馬体がスッキリしていたところもこの馬を推奨する理由になっています。

 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-予想

関連記事

日経新春杯2021 予想 うまンchu 買い目

今週のうまんchuは、競馬エイトの津田照之TMと伝統のハンデ重賞「日経新春杯(G2)」を予想。武豊騎手が騎乗する6億円ホース・アドマイヤビルゴが重賞初制覇を飾るのか、それとも歴戦のライバルたちが意地を …

トラックマンTV ニューイヤーS、淀短距離S 2021「自信の勝負レース」予想と買い目

今回のトラックマンは日刊競馬の谷口弘晃さん、大阪スポーツの石川吉行さん。お二人の土曜日「自信の勝負レース」の買い目を紹介します。 前回は優馬の佐藤直文さんが中山11R(中山金杯)、競馬ブックの石井健太 …

トラックマンTV ユートピアステークス2020「自信の勝負レース」予想と買い目

今回のトラックマンは競友の前田智基さん、優馬の田崎泰さん。お二人の土曜日「自信の勝負レース」の買い目を紹介します。 前回は競馬ブックの石井健太郎さんが福島7R(3歳上1勝クラス)、日刊競馬の谷口弘晃さ …

セントウルステークス2021 予想 うまンchu 買い目

今週のうまんchuは、秋競馬の開幕を告げる「セントウルステークス(G2)」を競馬エイトの津田照之TMと予想。快速牝馬レシステンシアや悲願の重賞初制覇を狙うカレンモエ、NHKマイルC王者のラウダシオンな …

シルクロードステークス2021予想【追い切り後分析】モズスーパーフレアの不安要素公開!本命は追い切り(コース)併せ馬で活気十分な動きを披露したアノ上がり馬!

  シルクロードステークス2021予想【追い切り後分析】モズスーパーフレアの不安要素公開!本命は追い切り(コース)併せ馬で活気十分な動きを披露したアノ上がり馬!   ⭐的中報告⭐ただいま検証中の「無料 …