なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

馬主

日本で1番人気のあった馬は、、

投稿日:

9/12(日)

夜に土日の競馬を振り返っていた。

セイウンパキラ未勝利13着。
ニシノメグレス新馬2着。

3000万円のセイウンパキラがたいして走らずに、300万のニシノメグレスがいい競馬をしてくれた。

わしらしい、と変な自画自賛をしていた時に、妙なSNSがタブレットに次々と入ってきた。

最初は
「ニエル賞3着。お見事です。」

はぁ~?
何のこっちゃ?

続いて、
「西山オーナーの勝負服がニエル賞で3着に来ましたが、西山オーナーの馬ですか?」

どうも、フランスのニエル賞で3着に来た馬がわしの勝負服に酷似しているらしい。

そのうちに写メを入手したが、まあ確かに似ている。(笑)

わしはフランスでは馬を持っておりません。
(調べたらオーストラリアのシンジゲート馬主ですね。日本で言うクラブ法人ですか。)

そう言えば、9年前に海外の友人に頼まれてアイルランドで競走馬を所有したことがある。

たいした馬ではなく日本で言うなら三歳未勝利牝馬。馬名はエコーズインザウインド。
アイルランドの3Rくらいの平場に何度か出走した。

もちろん中継はなく、後から調教師から結果のメールが来るだけ。

西山牧場従業員も事務方以外は誰にも言っていなかった。

ところが、このブログのコメントに
「アイルランドで西山茂行さんと全く同じ勝負服が走っていました。」
とピンボケした写メを送ってきた読者がいた。

「わしの馬やねん」
と思ったが、そんなところまで見ている人がいたことに驚いた。

そんなこともありました。

本題に戻ります。

本当に競馬とは不思議なもので誰もわからない。

セレクトセールで高い馬が出る度に、マスコミが「2年後のダービー馬」と形容するのもどうかと思う。

日本競馬の歴史で一番人気のあった馬は、歴代の三冠馬たちではない。

昭和48年のハイセイコーと昭和62年のオグリキャップである。

両馬とも地方競馬からの成り上がり。
安い馬だった。

日本人の気質には、安い馬が高い馬を負かすドラマが合うんだと思う。

わしはもう高い馬(2000万以上)を買うのはやめようかな?

2億ではありませんよ。
2000万です。(笑)

どこを目指しているかで、購入馬が変わります。

西山茂行は中央で勝てる馬をいつも探しています。


うなぎが美味かった。

Source: 西山牧場オーナーの笑気分



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-馬主

関連記事

今期初勝利

中山7Rセイウンヴィーナス(本間・田辺) 一番人気(3、1倍)に応えて2番手から直線抜け出して楽勝。 やっと初勝利が来ました。クイーンカップ(GⅢ)3着馬が今ごろ1勝クラスにいることがおかしい。 飛躍 …

七夕

7/7(水)七夕毎年、同じことをこの何十年と短冊に書き続けています。①健康②水害回避③愛馬の勝利これだけです。「あんた自分のことしか考えていないのか?コロナ退散は?世界平和は?」とか突っ込まれそうです …

今期7勝目

福島6R新馬ニシノレバンテ(栗田徹・江田照) 一番人気に応えて逃げ切り。12頭目で二歳がやっと勝ちました。 イスラボニータ産駒の初勝利だそうで。距離が延びても何とかなりそうな競馬でした。 栗田徹調教師 …

東京五輪終了、そして

8/8(日)東京オリンピック、とうとうやり切りましたな。関係者の皆さま、ご苦労様でした。日本選手団の活躍、お見事でした。体操を見ていて思ったけど、完全に世代変わりしましたね。若い人がどんどん出てきて気 …

もはや社会現象「ウマ娘」

4/23(金) 毎年4月の給料日は西山社長の講習会。 「サラリーマンとは何ぞや?」 新入社員相手に、2時間半、びっしり話します。 なかなか面白いですよ。会社の歴史から、出世する人としない人の違い。 う …