なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

馬主

ニシノライデン31年目の真実

投稿日:

2/5(金)

ニシノフラワーの命日です。一周忌でした。

コロナ禍でどこへも行けずに、何もできず。

心の中で手を合わせました。

ニシノフラワー
セイウンスカイ
ニシノライデン

西山牧場が産んだ3強ですね。

ニシノライデンの話を少々。
昭和62年、春の天皇賞ハナ負け2着、その後失格。

その舞台裏を31年たった今語りましょう。

トライアルの産経大阪杯(GⅡ)を勝ち、ミホシンザンの二番人気。

馬は最高の状態だった。

伊藤修司厩舎の調教助手だった寺井さんは今でも、あれ以上はなかったと言う。

レースは斜行癖のあるニシノライデンを嫌ったミホシンザン柴田政人は内へ。

内と外の離れた叩き会い。
ニシノライデンの騎手は田原成貴。

田原はニシノライデンが寄れる時が一番走るのを知っていた。

外にアサヒエンペラーがいるのはわかっていた。

でも天皇賞。控えるわけにもいかない。
田原は勝ちに行ってくれた。

その結果ゴール直前でアサヒエンペラー蛯沢騎手の進路を妨害。

その時点で審議の青ランプが灯った。

ゴールはニシノライデンとミホシンザンが並んでゴールイン。

長い写真判定だった。

検量室では妙なことが起きていた。

普通、審議だと斜行した騎手は採決室に呼ばれる。

ところが、田原成貴は呼ばれていない。

わしと目が合うと田原は
「すみません。写真判定は負けていると思います。審議は呼ばれていないから大丈夫だと思います。」

するうち、写真判定が発表。
1着ミホシンザン
2着ニシノライデン
3着アサヒエンペラー

その直後、伊藤修司調教師と田原騎手が採決室に呼ばれた。

父の西山正行は写真判定が2着となった時点で鞄持ちの成田隆好と無言で帰路についた。

採決室前に寺井助手と西山茂行。

そこである言葉が聞こえてきた。
関西の調教師の声。

「田原もここいらで灸据えられるんとちゃうか?」

2~3分後、先に伊藤修司調教師が採決室から出てきて
「あかん、すんません、」

と一言。失格が確定した。
続いて当時32歳の西山茂行がすでに帰った西山正行の代理として採決室に入った。

誰からも何の説明もない。

ただ、ビデオを見せられただけ。

ふーん、これで失格か。厳しいな、と思ったが口には出さなかった。

受け入れるしかない。

ただ2つの大きな疑問が残った。

1つ目は田原が写真判定の結果が出るまで呼ばれなかったのは、もし1着だったら失格にはならなかったのか?

(これは後にメジロマックイーンが天皇賞1着失格になり疑問は解消した。)

もう1つは「田原もここいらで灸据えられるんとちゃうか?」

つまり、田原の他のレースの乗り方との合わせ技でこれが一本となったのか?

これに関してはその後、降着制度ができ、何度もルールや凡例が変わってきたのでもはや永遠の謎である。

当時の採決委員が誰だったかもわからないし、31年たった今ではもうみんな退職している。

伊藤修司調教師、山吉厩務員はとうに亡くなり、田原騎手は言うに及ばず。

今やあの日を語れるのは西山茂行と寺井千万基さんしかいない。

寺井さんは調教助手を数年前に引退し、栗東近くでのんびりとしている。

今思うと、悔しいとかはなく、またあんなニシノライデンのような面白い馬に出会いたいなと、思うだけです。

image

 

image

 

image

 

image

 

image
 
 
 

Source: 西山牧場オーナーの笑気分



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-馬主

関連記事

9月が終わります。

9/30(木)何となく忙しくて、ブログを更新しなかったら、「どうしたんですか?まさかコロナ?」何て心配されました。マスクして、三密を避ける生活をしています。坐骨神経痛も鍼灸のおかげで治まっています。昨 …

生きていれば100歳

1921年(大正10年)10月12日生まれの父の(故)西山正行は、生きていれば今日で100歳の誕生日。82歳で亡くなったからもう18年か。人は亡くなったら、命日が誕生日の代わりになる。命日ではないが、 …

4/4は、、、

4/4(日)3/3が女の子の節句5/5が男の子の節句そして今日4/4がジェンダーの日ですか。わかりやすくていいな。なんか以前に銀座のパン屋・木村屋総本店の木村光比己社長より、「皇室の花見にに初めてあん …

昼から酒盛りの立冬でした。

11/7(日)前日の土曜日は東京競馬場へ。勝つ予定のセイウンハルカニは2着。3戦続けて2着。悔しいなあ。デムーロ騎手も完璧に乗ってくれたが、勝てない。この馬に関しては2着を喜ぶ心の広さは持ち合わせてい …

中央競馬26勝で終了

12/27(日) 40年、有馬記念を生で見てきたが、こんなに静かな有馬記念も初めて。 有馬記念創設者の孫、有馬頼央とは中学、高校、大学の同級生で、毎年この日に中山競馬場で七夕のように再会をするのもわし …