なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

予想

【札幌記念2023予想】~超豪華メンバーが揃った夏の大一番…だからこそ買いたい影の実力馬~

投稿日:

おはようございます!

今日はTAROの競馬が夏のすべてを賭けている…といっても差しつかえない、北九州記念が行われます。

このレースで何度勝負したことか…。今年ももちろん。

渾身の北九州記念の渾身の結論はコチラで。札幌記念フル予想とともに。

超・豪華メンバーとか言うとだいたい持っていることも多いのですが、今年の札幌記念に関して言えば本当にそう言って差し支えないのでは?

2年前のダービー馬シャフリヤール、昨年の覇者ジャックドール、ドバイターフ2着のダノンベルーガ、宝塚記念2着・中山記念連覇のヒシイグアス、香港ヴァーズの覇者ウインマリリン…などなど、まさに五指に余る候補が揃った一戦。

金鯱賞の覇者で川田騎手が騎乗すると5戦5勝のプログノーシスの名前を忘れてしまうほどの豪華メンバー。

もっとも、豪華だからとて堅く収まるかといえばそうではないのが競馬の難しいところ。

豪華メンバーゆえに…

→実力馬が意外なほど人気にならない

→あの馬がこの人気で買えるの?

というケースが発生しがちなのも事実。

さて、そこら辺を踏まえて結論へ参りましょう。

<スポンサーリンク>


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

note予想スペシャル版!

▽札幌記念&北九州記念のフル予想を大公開!!(NST賞の穴馬も)

こちらでは札幌記念を取り上げます。

【札幌記念】

土曜の札幌芝二千がともに逃げ切りとなったことで、Cコース替わりのインパクトが強く印象付けられた。ただその2鞍はともに内枠先行競馬で、隊列面でもイン有利に振れたのは間違いない。ココは外にユニコーンライオン、アフリカンゴールドが入り、内のジャックドールとの先行争いになりそう。ジャックドール以外の先行馬がバテて来るような縦長の流れになれば、そこまで枠の有利不利は考えなくてはいいのでは。

となれば、狙いたいのは不当に人気を落としているこの馬!

◎ヒシイグアス

なぜか地味な印象を拭えない馬だが、昨年の宝塚記念2着他、中山記念連覇、香港カップ2着など、実績は今回の豪華メンバーに入っても実績は見劣らない。前走の大阪杯は完全な立ち回り戦で7枠14番からの外追走は厳しかった。今回も7枠12番を引き、これで国内では5戦連続2ケタ馬番。

とはいえ、幸い伏兵の逃げ馬も外枠に入ったので単純な先行イン有利になる可能性は低く、さらには未明に降った雨も大いに味方しそうだ。追ってバテない持続力が武器で、初となるがコーナーをゆったり回れる札幌芝二千は合う。G1級が揃ったことで伏兵の域を出ていないのも、オッズを考えると魅力。勝ち負けというよりは連複軸候補の伏兵として狙いたい。

一発に期待。

では、今年の夏祭りも楽しみましょう😊

Source: 仮TAROの競馬〜2nd season〜



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-予想

関連記事

トラックマンTV ニュージーランドトロフィー2023「自信の勝負レース」予想

今回のトラックマンは競馬ブックの林茂徳さん、研究ニュースの小宮邦裕さん。お二人の土曜日「自信の勝負レース」の買い目を紹介します。 前回は競馬ブックの信根隆二さんが阪神9R(アザレア賞)、競友の前田智基 …

フェブラリーステークス2021予想【出走予定馬分析/後編】1週前追い切り(サンライズノヴァなど)情報!注目は前走の直線で致命的な不利を受けていたアノ馬!

  フェブラリーステークス2021予想【出走予定馬分析/後編】1週前追い切り(サンライズノヴァなど)情報!注目は前走の直線で致命的な不利を受けていたアノ馬!   ⭐的中報告⭐ただいま検証中の「激アツ無 …

みやこステークス2020予想【出走予定馬分析】古豪ウェスタールンドvs新星ベストタッチダウン!注目は転厩後に本格化の兆し見せているアノ馬!

  みやこステークス2020予想【出走予定馬分析】古豪ウェスタールンドvs新星ベストタッチダウン!注目は転厩後に本格化の兆し見せているアノ馬! ⭐的中報告⭐ただいま検証中の「激アツ買い目」が好調です( …

トラックマンTV 阿武隈ステークス2022「自信の勝負レース」予想と買い目

今回のトラックマンは競馬ブックの林茂徳さん、優馬の須藤大和さん。お二人の土曜日「自信の勝負レース」の買い目を紹介します。 前回は東京スポーツの舘林勲さんが福島10R(松島特別)、競馬エイトの増井辰之輔 …

桜花賞 2022 予想 うまンちゅ 買い目

今週のうまんちゅは、春の牝馬クラシック開幕戦「桜花賞(G1)」を安藤勝己元騎手と予想。今年は前哨戦を豪快な末脚で制したナミュールと2歳女王サークルオブライフを中心にハイレベルな大混戦。 (adsbyg …