なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

予想

【桜花賞2023予想】~牝馬クラシック第一弾!~

投稿日:

桜花賞2023の予想をお送りします。

桜花賞といえばやはり気になるのは仁川の桜ですよね?

なんだかんだ、時期を上手く調整(?)しているのか、あるいは見えざる何かの力で合わせているのかはわかりませんが、桜花賞といえば桜が満開のイメージ。

しかし、今年はさすがに早咲きの桜が持っているのか…気になるところです。

よくいわれる、

「根元を冷やして時期を遅らせている」

といったようなことは都市伝説で実際はそういったことはしていないようです。

今年はかなり開花が早く、しかも今週は雨続き。果たして桜花賞当日の桜はどの程度になっているか気になるところです。

まぁ、そんなことより馬券当てろって話かもしれないですが、それを行っちゃぁオシマイということで…。

ちなみに桜花賞は昨年的中した縁起の良いレース。

◆==阪神11R 桜花賞 勝負度【C】波乱度【C】15:40

1着 ▲8スターズオンアース…穴推奨(7人気)
2着 ◎6ウォーターナビレラ(3人気)
3着 ☆1ナムラクレア(6人気)

3連複 1-6-8 11,740円

個人的にも結構好きなG1です。

今年もビシっと仕留めたいですね。

というわけで、本日は桜花賞、そして中山の京葉ステークス、さらに【鉄板馬】をお送りします。

▽桜花賞&モルガナイトステークス

それでは、ココでは桜花賞の予想をお送りします!

【桜花賞】

今年は馬場、隊列ともに内枠有利になる可能性が高いでしょう。

かつては外枠有利が顕著だった桜花賞も近年は内枠有利傾向。馬場保全技術の発達に加えて、2021年~今年にかけてはBコース替わり最初の週ということも内有利に拍車をかける要因となっている(それまではBコース2週目)。さらに今年はモズメイメイが6番枠からの単騎逃げ濃厚で、リバーラ回避により速い馬は少ない。

素直に。

リバティアイランドはココは有力も、そろそろ成長面で追いつかれてくるのでココは来て、次走はやや疑うというのが今のところの見解。

狙いは…

◎ドゥアイズ

デビュー以来一度も崩れていない堅実型で、阪神JFでは不利な外枠から上手く内に入れてしぶとく伸びて来た。デビューの地である洋芝の札幌でも、前走の東京でも常にキッチリ走れるのは非凡な能力の証で、好位からキッチリ伸びて来るので不発が少ないタイプ。Bコースに替わりイン有利の馬場を考えれば4番枠は絶好で、鞍上の吉田隼人騎手も内有利の馬場で上手く立ち回り馬群も捌けるジョッキー。モズメイメイが引っ張る流れをスムーズにインで追走できる可能性が高く、ココでも堅実駆けの期待大。アタマというよりは連複軸で狙いたい。

捌いて伸びて来てくれるでしょう!

Source: 仮TAROの競馬〜2nd season〜



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-予想

関連記事

競馬コンシェルジュ 共同通信杯 2024 予想

今回のKEIBAコンシェルジュは競馬評論家の古谷剛彦さん、棟広良隆さん。番組で披露された予想の中から「共同通信杯(G3)」と「京都記念(G2)」の買い目を紹介します。 (adsbygoogle = w …

堂々の1番人気・ブローザホーンで日経新春杯勝利!菅原明良騎手

日経新春杯は思った以上にペースが上がり差し馬の流れ。これは少し想定外でした。 勝ったブローザホーンは菅原明騎手。 デビュー当初から腕があって注目していた騎手ですが、すっかり重賞でも安心して買えるレベル …

【本日夜!京成盃グランドマイラーズ2021】~2~3着付け勝負で勝たれちゃうのは仕方ないと割り切る~

昨日のマリーンカップは◎テオレーマが勝利! 勝利…なら喜ぶところなのですが、2~3着付けで勝負していたためにハズレ。 2~3着付けで狙った本命馬が勝ってしまってハズれる。一見するともったいないようです …

トラックマンTV 仁川ステークス 2024「自信の勝負レース」予想と買い目

今回のトラックマンは日刊ゲンダイから新居哲さん、田中翔大さん。お二人の土曜日「自信の勝負レース」の買い目を紹介します。 前回は競馬ブックの広瀬健太さんが京都11R(京都牝馬S)、勝馬の高橋剛さんが東京 …

【天皇賞(春)2024予想】~G1制覇へ機は熟した!○○○○よ、決めてくれ!~

というわけで、昨日はサクッと青葉賞が当たってくれました。 今日は天皇賞(春)。 決めたいですね。 早速、予想へ。 【天皇賞(春)】 天皇賞(春)が淀に戻ってきて2年目。ただ、昨年とはかなり異なる点が2 …