なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

調教

フェブラリーステークス 2023 追い切り【最終追い切り後/調教師コメント/まとめ】

投稿日:

【フェブラリーステークス. 2023】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】

【1回東京.8日目】
【2023年/2月19日(日曜日)】
【第40回.フェブラリーステークス/ G1】
【4歳上/定量/ダート1600m】

『フェブラリーステークス. 2023』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。

【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM【www.sanspo.com】
【中日スポーツ】【www.chunichi.co.jp】
【デイリースポーツ online】【www.daily.co.jp】

image

【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)

《15日(水)最終追い切り》
◆ショウナンナデシコ
◆ソリストサンダー
◆ドライスタクト
◆ヘリオス
◆メイショウハリオ
◆レッドルゼル

◆アドマイヤルプス
◆テイエムサウスダン

《関西馬・栗東》

◆ショウナンナデシコ
【牝6/須貝厩舎】

《15日(水)最終追い切り:栗東》【日刊スポ】
東京大賞典6着のショウナンナデシコは、 坂路で最終調整を行った。単走でラストは強めに追われ、4ハロン53秒4-12秒0をマーク。大きなフットワークで軽快に登板した。

【須貝調教師】
「今朝はゆったり入って、しまいは気合をつける感じ。やればいくらでも時計が出る馬だし、これで十分。ここにきて上向いてきている感じがある。マイルの距離もいい方に出てくれたら」と期待を込めた。

◆ソリストサンダー
【牡8/高柳大厩舎】

《15日(水)最終追い切り:栗東》【報知】
昨年4着のソリストサンダー(牡8歳、栗東・高柳大輔厩舎、父トビーズコーナー)は、坂路を52秒2―12秒6。力強い脚取りで駆け上がった。高柳大調教師も『動きも良くいい状態』と好仕上がりを伝えた。8日の1週前追い切りでは『太めを残さないようにしっかりやった』と、CWコースで6ハロン78秒9―11秒6の猛時計をマーク。東京マイルは21年の武蔵野Sで重賞初制覇を飾り、22年の当レースも4着と得意な舞台設定だ。

【高柳大調教師】
「叩いた方がいいタイプですが、調教で重さなどは感じない。東京の1600メートルは合いますからね」とトレーナーの期待も大きい。

◆ドライスタウト
【牡4/牧浦厩舎】

《15日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
東京ダート2戦2勝の4歳馬ドライスタウトは、先週の1週前追い切りに続いて戸崎圭が騎乗。先週はウッドの併せ馬で速い時計(6ハロン80・0―12・2秒)をマークしたが、今週は坂路で前にリードホースを置く形での併せ馬を敢行した。序盤は馬の後ろで我慢し、ラスト1ハロンで並びかけると最後は半馬身先着を果たした(4ハロン54・1―12・8秒)。

【牧浦調教師】
「気持ちが入り過ぎないように前走後は短期の放牧を挟みましたが、当初から目標としていたGⅠへ向けて順調な仕上がりをみせています。前走より調子を上げて臨めそうです」

◆ヘリオス
【セ7/西園厩舎】

《15日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
根岸Sで15着に敗れたヘリオスは、栗東CWコースで単走。スピードをアピールするように上々の行きっぷりを見せ、6ハロン81秒6、ラスト1ハロン11秒8を余力たっぷりにマークした。

【西園調教師】
「間隔が詰まっているので上がり重点。素晴らしい動きだったし、時計も良かった。前走はテンで競られてハミが抜けなかった。自分のペースで行ければ、前走と違った競馬になるはず」と西園正調教師。好調・武豊騎手を背に逆襲だ。

◆メイショウハリオ
【牡6/岡田厩舎】

《15日(水)最終追い切り:栗東》【報知】
昨年の帝王賞を勝ったメイショウハリオ(牡6歳、栗東・岡田稲男厩舎、父パイロ)は、栗東・坂路を単走で追い切られた。8日に続き菱田裕二騎手(レースは浜中俊)が騎乗し、53秒5―12秒5。力感あふれるフォームで、ゴール前の反応もしっかりしていた。

【岡田調教師】
「先週に速い時計(51秒9―12秒1)を出しているので、しまい重点に追いました。落ち着きがあって、いい状態です」。今回は21年5月の薫風S(3勝クラス)1着以来、10戦ぶりのマイル戦。ベストの条件ではないものの、トレーナーは「経験しているコースなので、何とかクリアしてほしい」と期待を込めた。今回のメンバーでは上位の力量があるのは疑いようがなく、マイルでも流れに乗れるようなら勝ち負けになるはずだ。

◆レッドルゼル
【牡7/安田隆厩舎】

《15日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
3度目のフェブラリーS挑戦となるレッドルゼルはウッド単走。テンの入りはゆっくりめもフットワークは力強く、ラストもしっかりとした伸びを見せた(6ハロン87・5―11・4秒)。

【安田隆調教師】
「マイルの距離ということを意識して、この中間はトラックで長めから乗る調整を行ってきました。7歳となっても元気いっぱいです」

にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村


単勝・複勝ランキング

《関東馬・美浦》

◆アドマイヤルプス
【セ6/加藤征厩舎】

《15日(水)最終追い切り:美浦》【東スポ】
根岸S11着から臨むアドマイヤルプスは、美浦ウッドで内田騎手を背に、エコロマーベリック、ブレストサンダーの3歳未勝利馬2頭との3頭併せ。6ハロン84秒2-12秒2(末強め)をマークした。2頭を大きく追走して、わずかに遅れたが、ブリンカー効果もあってか最後まで集中して走り切った。

【加藤征調教師】
「効いている感じはありますね。ただ少し穏やかに走っている感じ。体調自体は非常にいいので、気持ちだけ。フルカップのブリンカーを着ける予定」と馬具効果に期待した。

◆テイエムサウスダン
【牡6/蛯名正厩舎】

《15日(水)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
昨年の2着馬テイエムサウスダン(牡6、蛯名正)は調教騎乗を志願したルメール騎手が駆けつけ、美浦坂路での3頭併せで追い切られた。2頭の間をスムーズな反応で突き抜けて最先着し、4ハロン53秒1-12秒6を計時。

【ルメール騎手】
「初めてブリンカーを使って最後まで集中していた。動きはとても良かった。たたき2戦目でスイッチが入ると思うし、昨年はすごくいいレースだった。能力はまだ持っていると思う」と満足していた。実戦でのブリンカー装着は検討して判断される。

Source: 怪奇!単複男



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-調教

関連記事

フェブラリーステークス 2021 予想【単勝/複勝/競馬予想】

【フェブラリーステークス. 2021】 【競馬予想】 【1回東京.8日目】 【2021年/2月21日(日曜日)】 【第38回.フェブラリーS/ G1】 【4歳上/定量/ダート1600m】 『フェブラリ …

チャンピオンズカップ 2020 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

【チャンピオンズカップ. 2020】 【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【3回中京.2日目】 【2020年/12月6日(日曜日)】 【第21回.チャンピオンズカップ/ G1】 【3 …

中山記念.2024 予想【単勝/複勝/競馬予想】

【中山記念. 2024】【競馬予想】 【2回中山.2日目】【2024年/2月25日(日曜日)】 【第98回.中山記念/ G0】 【4歳上/別定/芝1800m】 『中山記念. 2024』の『予想・データ …

セントライト記念 2022 追い切り【最終/追い切り後/調教師コメント】

【セントライト記念. 2022】【出走予定/注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【4回中山.5日目】 【2022年/9月19日(月曜日)】 【第76回.セントライト記念/ G2】 【3歳/芝22 …

ローズステークス 2023 追い切り【最終追い切り後/調教師コメントまとめ】

【ローズステークス. 2023】【出走予定/注目馬】【追い切り後/調教師コメント】 【4回阪神.4日目】【2023年/9月17日(日曜日)】【第41回.ローズステークス/ G2】【3歳/牝馬/芝180 …