なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

予想

【エリザベス女王杯2022予想】~牝馬にとっては過酷なスタミナ戦で浮上する伏兵~

投稿日:

おはようございます!

本日はエリザベス女王杯2022が行われます。昨年は「アカイイト」が外から差し切ってアッと驚く勝利。人気はアカイトリノムスメでしたが、ベガはベガでもホクトベガならぬ、赤は赤でもアカイイトだ~!の名実況…は炸裂しませんでしたが、何はともあれ驚きの結末でした。

アカイイトは今年も昨年と同じローテで出走します。昨年同様に一撃があるのか? それとも?

個人的にエリザベス女王杯は2002年に現地で観たファインモーションの衝撃が忘れられません。当時の現地観戦のルートは…

北野白梅町→自転車→京阪三条駅→淀

という感じでした。北野白梅町から東へ向かって、ひたすら今出川通をまっすぐ行って…川端まで行ってから下るパターンもありですが、個人的には千本今出川あたりで下って、商店街を通り、そしてそのあと堀川から御池に出る…というのが好きでしたね。

御池通りって自転車ユーザーにとってテンション上がりませんか? あの広さ、開放感。二条城を背に、いざ突き進め! 鴨川へ…というあの感じ。

京都の土地勘があって自転車に乗って競馬場に行かないと(ニッチ過ぎる)知らんがなって感じだと思うので、早いところ予想に行きましょうか。笑

<スポンサーリンク>


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

というわけで、本日は渾身の勝負レース=エリザベス女王杯+福島記念もお送りします。福島記念は昨年パンサラッサ本命。あの後出世しましたね。

両レースのフル予想は以下のノートをご覧ください。

▽エリザベス女王杯+福島記念のフル予想

では、エリザベス女王杯2022の予想へ―。

【エリザベス女王杯】

連続開催Aコースに加えて馬場が荒れて来ており、波乱含みの一戦。

通常の牝馬限定戦のスピード比べ、決め手比べとはまったく異なるスタミナ、持久力比べ。だからこそ今年は牡馬相手に戦って来た組の一撃が怖い。

その中でも狙いは…

◎ウインマイティー

長らく低迷していたが今年のマーメイドSで復活。長くいい脚を使い、マリアエレーナを突き放しての勝利は価値のあるものだった。前走は牡馬相手の2400mと楽ではない条件だったが、溜める形で馬群を捌いて伸びて来る好内容で目下の充実ぶりを証明した。

もともと阪神の持久力戦は得意で、3歳時の忘れな草賞では荒れた馬場をグイグイ伸びて突き抜け、2着イズジョーノキセキ、4着アカイイトを完封。長く脚を使えるのでスタミナ戦は大歓迎、雨で馬場が悪化しそうな点もプラスだろう。最後のひと押しは和田ジョッキー。ガッツあふれる騎乗で混戦&過酷なレースになればなるほど持ち味が生きるタイプ。人馬ともにベストの舞台で、波乱の主役になり得る存在だ。

相手候補も多数で難解な一戦。一発狙っていきたいですね。期待しましょう^^

では、良い週末を!

Source: 仮TAROの競馬〜2nd season〜



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-予想

関連記事

平安ステークス2021予想【追い切り後分析】松山騎乗マスターフェンサーの不安要素公開!本命は追い切り(コース)単走で軽快な脚さばき披露したアノ馬!道悪ダート好相性!

  平安ステークス2021予想【追い切り後分析】松山騎乗マスターフェンサーの不安要素公開!本命は追い切り(コース)単走で軽快な脚さばき披露したアノ馬!道悪ダート好相性!   ⭐的中報告⭐#ヴィクトリア …

【11/30(水)船橋・クイーン賞2022・予想展望】

こんにちは。 気づけば師走が近づいてきましたね。 交流重賞の旅…も締めくくりが近づいてきました。今年は一進一退、あとひと息で100%超が見えてくるので、さらにねじを巻いていきたいと思います。 さて、今 …

【金鯱賞2022予想】~展開隊列から狙うべき馬を考える~

昨日の中山牝馬ステークスは、残念ながら◎アブレイズをあまり生かせません(ワイドのみ)でした。 勝ったクリノプレミアム、後になって考えればいろいろ思いつくこともあるのですが、それでも押さえるには至りませ …

マーメイドステークス 2022 予想 うまンちゅ 買い目

今週のうまんちゅは荒れる牝馬限定のハンデ重賞「マーメイドステークス (G3)」を元騎手の細江純子さんと予想。復帰後初の重賞挑戦となる北村友一騎手とコンビを組むクラヴェルをはじめ、今年も注目のメンバーが …

菊花賞 2022 予想 うまンちゅ 買い目

今週のうまんちゅは阪神競馬場で行われるクラシック最終決戦「菊花賞(G1)」を安藤勝己元騎手と予想。今年は皐月賞、日本ダービーの1、2着馬が不在。大混戦の中、究極のスタミナ勝負を制するのは果たして!? …