なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

馬主分析

【ノーザンF徹底解説】真の所有者と影のトレーナー(エプソムカップ、函館スプリントステークスの予想もあるよ)

投稿日:

お待たせしました!

今回は【ノーザンF徹底解説】真の所有者と影のトレーナーと題して、G1谷間週に皆さまから寄せられた質問にお答えしたいと思います。

旧ブログからご覧の読者諸兄には改めて説明するまでもなく、小宮城の馬主馬券術オーナー・サイダーには私が命名したオリジナル競馬用語(!?)が多数登場します。

 

ここではノーザンF関連馬に限定した一部を紹介すると

 

真の所有者(ノーザンF)

影のトレーナー(東西外厩の責任者)

登録上オーナー(新聞に掲載されている馬主)

表向きの調教師(新聞に掲載されている調教師)

 

などが該当します。

 

競馬界において発言力ピラミッドの頂点に立つ馬主の意向(命令)は絶対――

 

しかし、競走馬の権利を登録上オーナーとノーザンFが共同所有(半持ち)している場合、同牧場代表で馬産地に君臨する二大巨頭の1人、競馬界の生きる伝説(レジェンド)である“あのお方”が真の所有者と推測されます。

 

従って冒頭で紹介した4者のパワーバランスは

 

「真の所有者>影のトレーナー>>>登録上オーナー>>>>>表向きの調教師」

 

となり事実上、新聞に掲載されている馬主や厩舎に出走ローテや騎手の決定権はありません(個人の感想です)。

 

上記の件はどこかの誰かさんがブログや競馬月刊誌の連載で広く流布した影響か、以前と比べて真の所有者や影のトレーナーも、登録上オーナーの意見に多少は耳を貸すようになったらしいですけど……苦笑。

 

それでも最近ではノーザンFの使い分け(ド直球)に嫌気がさした大物個人オーナーは、所有権利を生産牧場と半持ちではなく100%全持ちするケースが増えてきました。

全持ち馬主の筆頭格である金子真人HDだけでなく、先日の日本ダービー記事で電撃参戦の舞台裏を紹介したサトノレイナスのサトミホースカンパニー。ノーザンF生産馬でも外厩へ短期放牧に出さず連戦している、一部の個人オーナー所有馬などですね。

 

あくまで小宮の勝手な想像……と前置きしたうえで具体例を挙げると、先日の安田記念に特別登録していたビッククインバイオ(馬主:バイオ、生産:ノーザンF)。母は同牧場の生産馬で2010年にローズSを制したアニメイトバイオになります。

背景から察するに金子真人HDと同じく、馬主が権利100%所有の預託生産馬で間違いないでしょう。

同馬は19年6月2日の新馬戦3着から20年3月アネモネS4着まで、約9ヶ月間で8戦とほぼ月1ペースで出走。原則、外厩で仕上げる方針のノーザンF天栄調整馬としては異例の出走ローテです。

これも所有権利がバイオの馬主全持ちなら、影のトレーナーの影響力が及ばないのでツジツマが合います。

挙句の果てには前走の京王杯SC9着後、母アニメイトバイオを管理した美浦・牧厩舎から、栗東・新谷厩舎へ転厩!?

補足として同厩舎は開業2年目の新規調教師とはいえ、これまでノーザンF生産馬を1頭も預かったことがありません。真の所有者&影のトレーナーの支配下にある共同所有馬であれば、まず承諾しないでしょう。

これこそビッククインバイオが馬主100%全持ちである、確固たる証拠(!?)ではないでしょうか?

6/9(水)からは前中後編の計3回に分けて、ノーザンFの不都合な真実を紹介。週末公開の記事では今年は札幌で行われる函館スプリントステークス(G3、札幌芝1200m)、エプソムカップ(G3、東京芝1800m)の予想を公開しますのでご期待ください!

セレクトセール2020 吉田勝己氏インタビュー

動画はイメージです。真の所有者や“あのお方”とは関係ありません?

【記事更新スケジュール予定】

6/9(水) 【競馬界のガリバー】ノーザンFの不都合な真実~前編~

6/10(木) 【競馬界のガリバー】ノーザンFの不都合な真実~中編~

6/11(金) 【競馬界のガリバー】ノーザンFの不都合な真実~後編~

6/12(土) 函館スプリントステークスの予想!

6/13(日) エプソムカップの予想!※12:30頃に公開予定

【競馬界のガリバー】ノーザンFの不都合な真実~前編~

お待たせしました!

本日は【競馬界のガリバー】ノーザンFの不都合な真実~前編~と題して、先日大反響だった安田記念の激裏話を元にして

 

【ポイント】

影のトレーナーvs表向きの調教師

 

におけるパワーバランスを紹介させてください。

 

G1谷間週もブログをご覧の読者諸兄には改めて説明するまでもなく、単勝1.5倍の断然人気に支持されたグランアレグリア(馬主:サンデーレーシング、生産:ノーザンF)は、スタート直後から行きっぷりが悪く後方11番手!?

4馬身差で圧勝したヴィクトリアマイルとは全く異なるレースぶりに、驚かれた方も多かったことでしょう。絶望的な位置取りからアタマ差2着に追い込んだのは地力の証明とはいえ、事前に指摘したとおり前走から大きくパフォーマンスを下げた形です。

あの競馬を指して一部ファンから騎乗ミスを指摘する声がネット上に溢れていますけど、グランアレグリアは明らかに本調子を欠いていました。最後の直線で他馬の進路を妨害したのは褒められた行為ではないとしても、ルメール騎手の責任にするのは酷過ぎます。

現役最強牝馬の敗戦を追及されるべきは、安田記念の最終結論!で暴露したとおり1週前時点で出走を回避する話が浮上していたにも関わらず、強行参戦に踏み切った影のトレーナー(最終決定者は真の所有者?)でしょう!(個人の感想です)。

 

2021 安田記念(G1、東京芝1600m)

⑤グランアレグリア(2着)

圧勝したヴィクトリアマイルとは一転。道中の手応えも悪く追走に苦労……

 

グランアレグリアには事実上、2人の調教師が存在します。

 

1人目が真の所有者の代理人としてノーザンF天栄を統括する『影のトレーナー』。もう1人が表向きの調教師である藤沢和師です。

 

影のトレーナーと表向きの調教師の暗闘は繰り返し紹介していますけど、安田記念のグランアレグリア激裏話(左前脚の爪不安により馬場入り見合わせ)は最終調整時……。すなわち、藤沢和師の管轄下におけるアクシデントになります。

 

従って時系列的には

 

「表向きの調教師から爪不安により馬場入り見合わせ報告及び、安田記念回避の相談→影のトレーナー(真の所有者)の判断は強行出走」

 

という流れとなり、この時点でレース前に藤沢和師が発した「不安があったら使わない」というコメントは矛盾するわけです。

 

2017年にレイデオロが日本ダービーを制した際、懇意にする記者のインタビューで藤沢和師はこのように答えています(以下、Yahoo!平松さとし2017年6/2開業30年目のダービー初制覇 伯楽・藤沢調教師が貫いた“馬優先主義”より引用)。

 

藤沢師は年間のリーディング(最多勝利)調教師になること実に14回。フランスでG1レースを優勝するなど、世界が認める日本の名調教師。ダービーの一週前には3歳牝馬のビッグレースであるオークスを優勝し、JRA史上僅か2人目という重賞通算100勝を達成したばかり。しかし、過去に日本ダービーを制したことはなく、競馬ファンの間では“競馬界の七不思議”とさえ言われていた。

これほどの名調教師がダービーを勝っていないのにはもちろん理由があった。

調教師となって2年目の89年。藤沢師はいきなりダービーに管理馬のロンドンボーイを送り込んでいる。「いきなりダービートレーナーになれてしまうのでは……」当時はそんな思いも頭を過ぎったと言う。

しかし、結果は22着に惨敗。やっとの思いでゴールに辿り着いたロンドンボーイをみて、次のように思ったと語る。

 

「ダービーは確かに誰もが勝ちたいと願うレース。でも、人間のエゴで馬に無理をさせてはいけない

 

3歳の春の時点でダービーの舞台となる東京競馬場の2400メートルをこなすには、それなりに完成した馬でないと無理と判断。この後は「耐えられる馬」「勝ち負けになる馬」と判断できない限り、無理には使わないと心に誓ったのだ。

 

補足として藤沢和師は来年2月末に70歳の定年を迎えるため、今季が調教師生活のラストイヤーとなります。

そのため多少の不安に目をつぶり厩舎解散前にG1タイトルを積み上げたかった……という解釈も可能とはいえ、参戦の背景から推測するに真相は違うでしょう。

これこそノーザンFにおける不都合な真実であり、競馬界を代表する名伯楽が自ら誓った方針を破ってまで爪不安があるグランアレグリアを強行参戦に踏み切った本当の理由に他なりません!

 

Source: 小宮城の馬主馬券術 〜オーナー・サイダー〜



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-馬主分析

関連記事

【天皇賞春2021予想】ワールドプレミア(馬主:大塚亮一)は勝てない!?

お待たせしました! 今年は京都競馬場の改修工事により阪神芝3200mで行われる、天皇賞・春(G1)を取り上げさせてください。 前走で阪神芝3000mの阪神大賞典を5馬身差で圧勝したディープボンド(馬主 …

【チャンピオンズカップ2021予想】白毛の女王ソダシ参戦の舞台裏!

お待たせしました!   今回の記事は師走のダート頂上決戦チャンピオンズカップ(G1、中京ダ1800m)を中心に、特別編成スケジュールで公開を予定しています。   【記事更新スケジュール予定】 12/1 …

【お知らせ】今後のブログ更新スケジュールのご案内

お待たせしました! 今回は下記の更新スケジュールを予定しています。 【更新スケジュール】 6/11(土) エプソムカップ(G3、東京芝1800m)の予想 6/12(日) 函館スプリントステークス(G3 …

【重要】ブログ簡易更新のお知らせ(クイーン賞の見解は色んな場所×3で公開中)※新ブログは毎日更新中!

【チャンピオンズカップ 2020】馬券に役立つ情報をコソッ!とお教えします。 PR【重賞情報袋とじ】 【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法   いつも応援クリック本当にありがとよ!! ↓質問応援メッ …

【エリザベス女王杯2021予想】アカイトリノムスメ、ウインマリリン、レイパパレの“3強”で本当に買うべき馬とは?

お待たせしました! 今回はエリザベス女王杯を中心に、下記の更新スケジュールでお伝えします。   【記事更新スケジュール予定】 11/10(水) 小宮城の気まぐれ競馬激裏話 11/11(木) デイリー杯 …