なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

馬主分析

【JRA】繰り返される『油断騎乗』の謎に迫る!(金鯱賞、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスに名古屋大賞典の予想もあるよ)

投稿日:

お待たせしました!

今回の記事も、JRA土日3重賞(金鯱賞、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークス)&3/11(木)名古屋大賞典を含む特別編成!

また3/8(月)・9(火)・10(水)は毎日ブログをご覧になっている読者諸兄からのリクエストに応えて、原田和騎手の油断騎乗を取り上げさせてください。

ご存知でない方のために説明すると、2/27(土)小倉6R4歳上1勝クラス(芝1200m)で、原田和騎手は⑰メサテソーロに騎乗して3着に入ります。

しかし、ゴール前で追う動作が十分ではなく、「騎手として注意義務を怠った」として過怠金10万円が課されました。

 

原田和真騎手の怠慢騎乗

⑰メサテソーロ原田和騎手の動きに注目!

 

詳しくは月・火・水のブログ及び【期間限定記事】でお伝えしますけど、基本的に今回の事件(!?)に大多数の関係者は原田和騎手に同情的です。

確かに最後までシッカリ追っていれば、2着に残った可能性はあります。ただ、勝ったダノンシティと脚色の差は明確ですし、どんなに頑張っても1着は難しかったでしょう。

また昨今の競馬界を取り巻く情勢を考慮して、厳罰に処した側面もあります(過怠金10万円は騎乗停止を除けば最も重い)。過去にも同様の事例はあったとはいえ、さすがに今回の裁決は過剰反応かなと?

もちろんメサテソーロの馬券を買っていたファンからすれば、原田和騎手の乗り方は油断ではなく“怠慢”に他なりません。

一部のファンからヤラズ、着拾い、引っ張り、不自然騎乗、負け八●長などと、広い意味で同じと誤解(!?)されていますし、その辺の違いを関係者視点で説明できればと、考えている違いです。油断騎乗ダメ、ゼッタイ。

【記事更新スケジュール予定】

3/8(月) 過去にも問題になったJRA騎手による『油断騎乗』

3/9(火) 「油断騎乗=引っ張り?」着拾い疑惑の闇に迫る!

3/10(水) 中央の油断騎乗と地方における不自然騎乗の決定的な違い

3/11(木) 名古屋大賞典杯(Jpn3、名古屋ダ1900m)の予想 ※当日昼までに公開予定

3/12(金) 中山牝馬ステークス(G3、中山芝1800m)の予想

3/13(土) 金鯱賞(G2、中京芝2000m)の予想

3/14(日) フィリーズレビュー(G2、阪神芝1400m)の予想

【追記】

【JRA関係者】コロナ持続化給付金『不正疑惑の舞台裏』の記事に、多くの皆さまからご意見が寄せられています。

ご指摘のとおりコロナ給付金を受け取った調教師、厩舎スタッフ、騎手のなかには、黒幕馬主X氏スポニチY記者、関東に勧誘の魔の手を広げた大物関係者Z氏と直接関係がなく、遊びカネ欲しさに申請したと見られるケースがあるのも事実です。

しかし、繰り返しになりますが申請者の大多数は、馬主の身分を悪用してひと儲けしようと考えたX氏の意向(限りなく命令)を、立場的に断れなかったんですよ?

さらに事件を複雑にしているのは、X氏の代表馬共有オーナーである大物関係者Z氏が絡んでいること。給付金申請を拒否すればX氏の愛馬だけでなく、東西トレーニングセンターに広く影響力があるZ氏との関係まで悪化します。

某馬主協会の超重鎮であり馬産地のレジェンド(伝説)であるZ氏から干されるのは、大半の調教師や厩舎スタッフ、一部のジョッキー達にとっては文字どおり死活問題です。X氏から讒言(ざんげん)されて“あのお方”の逆鱗に触れたら……(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

こんな超絶理不尽なことで優れたホースマンの名声に傷がつくなど、絶対にあってはならないことです。給付金を受給したJRA関係者も、ある意味では“被害者”になります。叩きたい気持ちはよ~く分かりますけど、どうか広い心で見守ってあげてください!

【3/8(月)更新】過去にも問題になったJRA騎手による『油断騎乗』

お待たせしました!

本日は過去にも問題になったJRA騎手による『油断騎乗』~と題して、公式の場でジョッキーの非が認められた事例を取り上げさせてください。

あえて“公式”としたのは裁決担当員の性格や気分次第(!?)でアウトになったり、逆にセーフ(お咎めなし)になることが多々あるからです。

今回紹介するレース(下記のYouTube動画を参照)は玉石混交。ジョッキーの立場だと言いがかりに近いジャッジもあれば、厳罰に処して当然の怠慢騎乗まで様々……。これは氷山の一角とはいえ、探せば結構あるんですよ?

 

怠慢騎乗で騎乗停止処分のジョッキー達(油断騎乗)

一部地方や別ケースの油断騎乗(!?)が混じっています。ご了承ください

 

上記動画の大多数とメサテソーロ原田和騎手に共通するのは、前の馬を交わす脚が残っておらずゴール前で手綱を緩めたところを、後方から凄い脚で追い込んだ馬に差されて着順が入れ替わっていること。

当たり前ですが競走馬には車と違い、バックミラーやサイドミラーはついていません。ジョッキーには前の馬しか視界に入っておらず、追っても結果は同じだからと腰を上げたところを、後方の馬に交わされています。

馬券を購入しているファンの立場だと油断(怠慢)騎乗になりますけど、これは騎手心理としては、ある程度は仕方ないかなと?

私から言えることはメサテソーロの原田和騎手を含めて、誰もが意図的に負けようと思ってやったことではありません。YouTube動画だと一部疑わしい事例もあったりしますが(オイっ!?)、これだけはハッキリと真実を伝えたかった!

—————————————————-

【ここから先は期間限定記事】

※大人の事情により近日中に削除します

通常公開の記事で紹介したYouTube動画は古い事例が中心ですけど、『本当の意味での油断騎乗』は最近でも話題になりました。

2020年2/1京都8R牛若丸ジャンプS(障害ダ3170m)、①トラストに騎乗した熊沢騎手です。

幸い、市井の民により問題のレース映像がアップされていたので、衝撃の瞬間(超大げさ)をご覧ください。

 

沢重文騎手が油断騎乗で騎乗停止/2020年2月1日

直線で何度も後ろを振り返る仕草が裁決員の印象を悪くした!?

 

おわかりいただけただろうか? これこそ誰がどう見ても油断騎乗です!

結果はクビ差の勝利とはいえ、本気で追えば大楽勝だったでしょう。もし着順が入れ替わっていたら馬券を買っていたファンは到底納得しませんし、開催2日間の騎乗停止では済まなかったでしょうね~。

ただ、熊沢騎手としては直線で後続を振り返るほど余裕がありました。次走に体力を温存する目的で追うのを止めたら、障害戦とは思えないくらい凄い脚で追い込んできた馬がいてヤバかった……。それ以上でも、それ以下でもありません。

今回紹介した油断騎乗(小宮注。メジロガストンを除く)に言えるのは、地方競馬における不自然騎乗とはレベルが決定的に異なります。賢明な読者諸兄は間違っても、某地方の劇団員(!?)と一緒にしないでください!

 

金沢競馬場 今年の八●長納め

2020/12/23 金沢6R(小宮注。ダ1400mのレースです)

ハクサンはともかくデルマの馬が2頭も……。浅沼オーナーに限ってまさか。。。

【3/9(火)更新】「油断騎乗=引っ張り?」着拾い疑惑の闇~

お待たせしました!

本日は「油断騎乗=引っ張り?」着拾い疑惑の闇~と題して、2011年2/26小倉12R甘木特別2着、メジロガストン黛騎手を取り上げさせてください。

文字どおりトレセン内外を震撼させた、いまなお破られない騎乗停止30日間(開催日9日間)の油断騎乗――

その直後に起こった東日本大震災の影響で真相は闇の中とはいえ、メサテソーロ原田和騎手を紹介すると決めたからには、避けて通れないでしょう。

ただ、旧ブログからご覧の読者諸兄はよ~くご存知のとおり、この件は非常にデリケートな問題です。

数年前に某競馬兄貴(察してください)と場外乱闘劇に発展した、黛騎手(正確には嫁の水野由加里さん)の事例もあります。余計な揉め事はコロナ給付金詐欺の黒幕馬主X氏だけでお腹一杯ですし(苦笑)、詳細は【期間限定記事】で公開させてください!

 

小倉競馬でJRA史上最長の実効30日間の騎乗停止処分

甘木特別 メジロガストン 黛弘人

1:15~。ゴール前で腰を上げて2着。結果だけ見ると油断騎乗も……?

 

—————————————————-

【ここから先は期間限定記事】

※大人の事情により近日中に削除します

 

最初に予備知識として、メジロガストンの油断騎乗における黛騎手(&水野由加里さん)の主張は

 

「(メジロ)ガストンがもたれて斜行しそうになり、それを立て直すために上体が起きてしまった。しかもムチを入れようとおもった手が(裁決に)勝ったときのガッツポーズにとられてしまった」メジロ牧場のメジロ牧場的こころ(馬主関係者のブログより)

 

というもの。

 

確かにゴール前のパトロールビデオを振り返ると、メジロガストンが内に少しずつ寄っているように見えますね。

 

2011年2月26日小倉12R甘木特別

黛弘人騎手騎乗停止処分 パトロールビデオ

0:14~。内に少しヨレているものの、他馬と接触するほどではなかった

 

しかし、当時の裁決担当員は黛騎手の主張に聞く耳を持たず、騎乗停止30日(開催9日間)の厳罰を下します。これは動かしがたい事実です。

 

ここから先は小宮の個人的意見……と断っておきますけど、仮に黛騎手の言っていることが正しいのであれば、馬を御せなかったジョッキーにも非はあります。

さらにゴール前で意図的に負けたと誤解されかねない行動(上体を起こす)をした時点で、騎乗停止を課されても仕方ないでしょう。

 

それ以上に興味深いのは、当時メジロガストンの馬主であるメジロ牧場は、

 

【ポイント】

内々に競馬界撤退が決まっていた

 

ことの方が重要です。

 

事実、メジロガストンは2011年閃光特別から、岩崎伸道オーナー(メジロ牧場専務。軍団の残後処理を担当)に名義変更。同年5月に牧場及び繁殖牝馬をノーザンFに売却が発表されました(現在のレイクヴィラF)。

また岩崎伸道オーナーに名義変更後のメジロガストンに、何故か黛騎手が騎乗していること。

ここで読者諸兄は馬主の立場で考えてください。騎手のせいで勝っていたレースを2着に負けたのに、戦犯である同じジョッキーを乗せますか?

百歩、いや万歩譲って馬主関係者が「甘木特別の油断騎乗は不幸な事故だった。あれは仕方ない」と超がつく人格者(!?)であったとしても、勝てるレースを落としたメジロガストンを管理する大久保洋吉先生が納得しますかね~。

誰かウイニング競馬に質問を送ってほしいですけど(小宮注。ブログ上の演出です。真に受けないように!)、私から言えることは、馬主が色々と大変な時期だった(察してください)。

そしてメジロ牧場と縁浅からぬ関係にある大久保洋師は、本来であれば鉄拳制裁レベル(!?)の黛騎手を因縁のメジロガストンに乗せ続けた。

真相は関係者しか知り得ませんけど、某競馬場における不自然騎乗と同じく状況証拠から察するに、昇級すると頭打ちになりレース賞金が稼げなくなるから……(自主規制)。

【3/10(水)更新】中央の油断騎乗と地方における不自然騎乗の決定的な違い

お待たせしました!

本日は中央の油断騎乗と地方における不自然騎乗の決定的な違い~と題して、競馬ファンが誤解しやすい問題点を取り上げさせてください。

【1/27(水)更新】知らぬが仏!? 深すぎる『地方競馬の闇』の記事で詳しく紹介したとおり、中央の油断騎乗と地方の不自然騎乗はレベルが違います。

YouTubeで「競馬 八百長」と検索すると、数え切れないほど某地方競馬場における不自然騎乗が出るわ、出るわ……

笠松の件が表面化後のレースも珍しくありませんし、詳しくは【期間限定記事】で公開する“大人の事情”により負け八●長を断れないとはいえ本当に酷い!

しかし、現実問題として普段はG1しか馬券を買わないファンの立場だと、広い意味では同じ競馬になります。

これには長年に渡りテレビCMなどで『安心・安全・クリーン』なイメージをファンに植え付けた(!?)、JRAもさぞ頭を抱えていることでしょう。

 

「HOT HOLIDAYS!2021」

~高松宮記念篇~ 30秒

高松宮記念のCMはラッタッタ~史上1位の出来栄え!?

 

例えが適切じゃないかもしれませんけど、プロ野球の独立リーグで八●長が行われていたのが「NPB12球団でもやっているんじゃないか……?」と誤解されているに近い状況ですからね?(個人の感想です)。

プロ野球の世界でも大昔に黒い霧事件という……って話はさておき、ネットが普及した現代においてJRAが何度厳罰を処しても繰り返される油断(怠慢)騎乗に神経を尖らせているのは、地方における某劇団員の不自然騎乗と同じに思われたくないからでしょう。

2021年の中央競馬は試練の時を迎えています。年明けのパワハラ問題に始まり笠松の件が飛び火、馬主の身分を悪用したX氏によるコロナ給付金の不正疑惑が明らかとなり、世間から厳しい対応を迫られています。

いずれの問題も臭い物にフタをし続けてきた“ツケ”とはいえ、失った信頼を取り戻すのは容易ではありません。

だからこそ中央のジョッキーには、ファンから余計な誤解を受けない乗り方が求められます。どんな馬であれ誰かが馬券を購入している……。それを忘れないでほしいですね。

—————————————————-

【ここから先は期間限定記事】

※大人の事情により近日中に削除します

 

ここだけの話、旧ブログからご覧の古株読者から

 

「何故コロナ不正の黒幕馬主X氏は痛烈に批判するのに、地方競馬の八●長黒幕と目されるK氏(仮名)はスルーなのか?」

 

という、非常にキビシー(by財津一郎)意見が寄せられています。

 

確かに、どちらのケースも立場が強い馬主の発言力を悪用した事例であり、実行犯である調教師やジョッキーは、広い意味で“被害者”とも解釈できますからね~。

ただ、給付金とは別の意味で次元が違い過ぎるというか、八●長疑惑の黒幕とされるK氏は色々あった(察してください)とはいえ、現在でも細々とJRAで愛馬を走らせているのがネックです。

そこで今回は疑惑のレース動画だけを紹介して、最終的な判断は賢明な読者諸兄にお任せしたいと思います。

現実的に難しいとはいえ、ホントに×4八●長をやっているとしたら馬主資格はく奪レベルだと思いますよ?(個人の感想です)。

笠松競馬騒動から一週間しか経ってないにも関わらず、金沢競馬場がやらかした

③ハクサンルドルフ 吉原 八●長疑惑

YouTubeのコメント欄が酷いことに……。馬に罪はない。悲しいなぁ・・・

次回更新は3/11(木)を予定しています。クリンチャーなどが出走を予定している名古屋大賞典(Jpn3、ダ1900m)の予想を、12:30頃に公開しますのでお楽しみに!

 

Source: 小宮城の馬主馬券術 〜オーナー・サイダー〜



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-馬主分析

関連記事

【お知らせ】愛知杯の予想は色んな場所×3を要チェック!

【お願い】一部読者だけ新ブログの記事が更新(表示)されないことに関して 【10/3(土)17時追記あり】一部読者だけ重賞専門新ブログの記事が更新(表示)されないことに関してと同様に症状と推測されるけど …

【重要】ブログ簡易更新のお知らせ(エーデルワイス賞の予想は色んな場所×3を要チェック)※重賞専門新ブログは毎日更新中!

【秋華賞2020予想】無敗の3冠なるか!?史上初の偉業に挑むデアリングタクトのライバルはほぼ毎年連対馬を送り込む前走〇〇組! PR【重賞トリプルトレンド】 【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法    …

【キーンランドカップ2021予想】昨年はブログ推奨馬ワンツー!メイケイエールの新聞に載らない激裏話

お待たせしました! 今回はサマースプリントシリーズ第5戦、キーンランドカップ(G3、札幌芝1200m)を取り上げたいと思います。 昨年は1番人気でブービー15着に大敗したダイアトニック(馬主:シルクレ …

【日本ダービー2021予想】エフフォーリアがいるのに……。牝馬サトノレイナス緊急参戦の舞台裏!

お待たせしました! 今回は競馬の祭典、3歳馬の頂点を決める日本ダービー(G1、東京芝2400m)を取り上げさせてください。 注目はデビューから無傷の4連勝で牡馬クラシック1冠目、皐月賞を制したエフフォ …

【セントライト記念2021予想】ノーザンF天栄の期待馬オーソクレースに要注目!?(ローズステークス2021の予想もあるよ)

お待たせしました! 最初に。この場をお借りして京成杯AH、セントウルS週の8(水)・9(木)は、ブログ更新をお休みして申し訳ございません。 幸い、心配されたワクチン2回目接種による副反応も比較的軽度。 …