なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

予想

トラックマンTV 札幌2歳ステークス 2023「自信の勝負レース」予想と買い目

投稿日:

今回のトラックマンは日刊競馬の谷口弘晃さん、競馬ブックの信根隆二さん。お二人の土曜日「自信の勝負レース」の買い目を紹介します。

前回は研究ニュースの京増真臣さんが新潟11R(BSN賞)、優馬の須藤大和さんが小倉12R(3歳上1勝クラス)で勝負しましたが、お二人とも的中しませんでした。

勝負レース成績
谷口弘晃 信根隆二
2023年 3戦0勝
-75,000円 回収率0%
2023年 3戦1勝
-21,020円 回収率50%
2022年 5戦2勝
-23,000円 回収率82%
2021年 5戦2勝
+18,500円 回収率120%
2020年 5戦3勝
+144,000円 回収率260%
2019年 5戦1勝1分け
-15,000円 回収率81%


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

トラックマンTV 予想

信根隆二 自信の勝負レース
小倉9R 天草特別 14:25発走
◎  7.フェルヴェンテ
◯  5.ゴッドブルービー
▲  4.アイファーテイオー
△  6.タイキドミニオン
△ 10.テーオーレガシー
△  1.タイセイウォリアー
△  9.ワンダフルトゥデイ
△  2.スマートアリエル

 

買い目

「平均的なペースで流れて、力通りの決着となりそう」

馬連
 7 - 5 6,000円
 7 - 4 4,000円

3連単F
 7 → 5・4 → 5・4・6・10・1・9・2
 5・4 → 7 → 5・4・6・10・1・9・2
24点 各200円

総額:14,800円

谷口弘晃 自信の勝負レース
札幌10R 日高S 14:50発走
◎ 10.アバンチュリエ
◯  7.ショウナンアレス
▲ 14.ソウテン
△  8.シャークスポット
△  2.フィールシンパシー
△  1.モンファボリ
△ 11.ターキッシュパレス

 

買い目

「◎2走前(12着)は不良馬場、前走(10着)は包まれたりと近2走の敗因は明白。今回去勢した効果で落ち着きが出てきた。馬の雰囲気は良い」

単勝
 10 5,000円
複勝
 10 10,000円

総額:15,000円

札幌2歳ステークス 2023
金子裕次郎(勝馬)
◎  7.ギャンブルルーム
「素質馬が揃ったメンバーでも能力は頭ひとつ抜けている!単勝で勝負」
◯  9.ガイアメンテ
▲  4.セットアップ
△  8.パワーホール
△  6.ウールデュボヌール
△  3.マーゴットソラーレ
△  5.トレミニョン

 

リンク

The post トラックマンTV 札幌2歳ステークス 2023「自信の勝負レース」予想と買い目 first appeared on うまんちゅ予想 芸人馬券.
Source: うまんちゅ予想 芸人馬券



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-予想

関連記事

競馬コンシェルジュ 日本ダービー、目黒記念 2023 予想と買い目

今回のKEIBAコンシェルジュは日本ダービー展望スペシャルということで6人のコンシェルジュが総出演。番組で披露された予想の中から「日本ダービー(G1)」と「目黒記(G2)」の買い目を紹介します。 (a …

天皇賞秋2020予想【出走予定馬分析/後編】1週前追い切り(ダノンキングリーなど)情報!注目は調教の脚さばきが素軽くなってきたアノ馬!

  天皇賞秋2020予想【出走予定馬分析/後編】1週前追い切り(ダノンキングリーなど)情報!注目は調教の脚さばきが素軽くなってきたアノ馬!   ⭐的中報告⭐今週狙えそうな無料予想「激アツ買い目」が好調 …

競馬コンシェルジュ ラジオNIKKEI賞 2022 予想と買い目

今回の担当コンシェルジュは競馬評論家の須田鷹雄さん、棟広良隆さん。番組で披露された予想の中から「ラジオNIKKEI賞(G3)」と「CBC賞(G3)」の買い目を紹介します。 (adsbygoogle = …

弥生賞2021予想【追い切り後分析】ルメール騎乗シュネルマイスターの不安要素公開!本命は追い切り(コース)併せ馬で終いのキレ味際立ったアノ馬!

  弥生賞2021予想【追い切り後分析】ルメール騎乗シュネルマイスターの不安要素公開!本命は追い切り(コース)併せ馬で終いのキレ味際立ったアノ馬!   ⭐的中報告⭐ただいま検証中の「激アツ無料予想」が …

【桜花賞2021】~白毛馬ソダシが無敗制覇か、それとも…? 不正受給、シレっと終えて、桜花賞(川柳)~

桜花賞といえばやっぱり今でも忘れられないのはプリモディーネですよね~。 1999年、高校の入学式の翌々日でした。福永祐一、初のG1制覇。 当時大川慶次郎さんが、 「これからいくつもこういうレースを勝つ …