なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

予想

トラックマンTV 2023年8月5日 土曜「自信の勝負レース」予想と買い目

投稿日:

今回のトラックマンは競馬ブックから林茂徳さん、丹羽崇彰さん。お二人の土曜日「自信の勝負レース」の買い目を紹介します。

前回は馬サブローの佐野裕樹さんが 新潟11R(関越S)、競馬エイトの坂本和也さんが札幌12R(3歳上2勝クラス)で勝負しましたが、お二人とも的中しませんでした。

勝負レース成績
林茂徳 丹羽崇彰
2023年 3戦0勝
-75,000円 回収率0%
2022年 5戦2勝1分け
-14,490円 回収率88%
2022年 2戦0勝
-30,000円 回収率0%
2021年 5戦1勝
-107,500円 回収率17%
2021年 1戦1勝
+52,000円 回収率360%
2020年 5戦1勝1分け
-68,750円 回収率42%
2020年 1戦1勝
+6,000円 回収率140%
2019年 6戦3勝
+134,450円 回収率186%


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

林茂徳 自信の勝負レース
新潟5R 2歳新馬 12:25発走
◎  5.ファーヴェント
◯  3.コガネノソラ
▲ 13.イモータルバード
△ 12.アルデドゥオーモ
△  7.トモジャデュポー
△  2.テンノナウシカ
△ 10.ベルノレイズ

 

買い目

「◎素質の高さに期待!〇心の本命!ほぼ一騎打ち」

3連単 1着固定
 5 → 3・13・12・7・2・10
30点 各200円

3連単 軸2頭マルチ
 5・3 ⇔ 13・12・7・2・10
30点 各100円

3連単F
 5 → 3 → 13・12・7・2・10
5点 各500円

 5 → 13・12・7・2・10 → 3
5点 各300円

馬連
 5 - 3 6,000円

馬単
 3 → 5 1,000円

単勝
 3 1,000円

総額:21,000円

丹羽崇彰 自信の勝負レース
札幌7R 3歳上1勝クラス 13:15発走
◎  9.アロットドリーム
◯  5.タマモタップダンス
▲ 10.ベルシャンソン
△  8.アステロイドメア
△  6.スカンジナビア
△ 13.ミッキーマカロン

 

買い目

「先行馬を狙う!◎スピードのある馬なので積極的な騎乗が持ち味の今村聖奈騎手と相性が良さそう!」

単勝
 9 5,000円

馬連
 9 - 5・10・8・6・13
5点 各1,000円

総額:10,000円

リンク

The post トラックマンTV 2023年8月5日 土曜「自信の勝負レース」予想と買い目 first appeared on うまんちゅ予想 芸人馬券.
Source: うまんちゅ予想 芸人馬券



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-予想

関連記事

天童なこ 競馬予想 2024 中山金杯&京都金杯

調教ハンターの愛称で競馬ファンに知られるタレント・天童なこさんの重賞予想。 ★天童なこオフィシャル  ブログ・Twitter・YouTube ★書籍『天童なこの調教ハンター論』絶賛発売中!  Amaz …

ステイヤーズステークス2020予想【追い切り後分析】追い切り(コース)遅めの時計でも好内容の動き!馬力型で長距離適性も高いアノ馬を本命に!

  ステイヤーズステークス2020予想【追い切り後分析】追い切り(コース)遅めの時計でも好内容の動き!馬力型で長距離適性も高いアノ馬を本命に!   ⭐的中報告⭐ただいま検証中の「激アツ買い目」が好調で …

アンドロメダステークス2020予想【追い切り後分析】超良血アドマイヤビルゴ登場!本命は3週連続で坂路4ハロン52秒台をマークしたアノ馬!

アンドロメダステークス2020予想【追い切り後分析】超良血アドマイヤビルゴ登場!本命は3週連続で坂路4ハロン52秒台をマークしたアノ馬!   ⭐的中報告⭐ただいま検証中の「激アツ買い目」が好調です(^ …

ターコイズステークス2020予想【追い切り後分析】ドナウデルタの不安要素公開!本命は追い切り(コース)で折り合い面に進境がみられたアノ上がり馬!

  ターコイズステークス2020予想【追い切り後分析】ドナウデルタの不安要素公開!本命は追い切り(コース)で折り合い面に進境がみられたアノ上がり馬!   ⭐的中報告⭐ただいま検証中の「無料予想」が好調 …

競馬コンシェルジュ 京都大賞典 2023 予想と買い目

今回の担当コンシェルジュは競馬エイトの津田照之さん、レーシングライターの辻三蔵さん。番組で披露された予想の中から「京都大賞典(G2)」と「グリーンチャンネルカップ(L)」の買い目を紹介します。 (ad …