なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

予想

【中山記念2022予想】~想定する縦長隊列で狙いとなるのは…?~

投稿日:

世の中は少々不穏な状況になっていてそわそわしますが、今日も変わらず予想できることに感謝して参りましょう。

遠くサウジの舞台での日本馬の大活躍は素晴らしかったですね。その話はまた週明けにでも触れられたらと思います。

さて、今週から始まった中山開催、土曜日を見る限りは開幕週らしい状況になってますね。馬場状態のチェック、そして、小倉、阪神、中山の3場メインレースのフル予想は…

▽こちらからご覧ください。

ここでは、中山記念をお伝えします。

中山記念といえば未だに忘れられないのは20年前。本命トウカイポイント、対抗トラストファイヤーで決着したです。当日は確か国立入試の前日だったんですよね。当時は当然のことながらスマートフォンもないですし正直どうやってレースを見たのか覚えていないのですが、確かホテルで結果を見て小躍りした記憶があります。

何はともあれ大本線で当たってこれは入試いけるぞと思ったようなかすかな記憶、実際はいけなかったんですが(笑)。良い思い出です。

今日はどんなレースになるか先行馬も揃って激戦が期待されます。というわけでそろそろ予想へ行きましょう。

【中山記念】

~展開~

中山芝は開幕週らしく、先行イン有利の良好な馬場状態。ただ、ここは逃げ先行馬が多く揃った。

逃げ宣言をしているパンサラッサ。今日でラストとなる藤沢厩舎のコントラチェック。さらには、内枠にトーラスジェミニ、外にはワールドリバイバルもいる。

この中で先手を取るのはやはり逃げ宣言をしているパンサラッサが濃厚か。それに次ぐのはスピードのあるコントラチェック、トーラスジェミニは無理せず、インの二、三番手に控える形、ワールドリバイバルもスピードではやや劣るので、スムーズに好位。4番手あたりの追走になるはず。

いずれにしても淀みのない縦長の展開。極端なイン先行にはならず、とはいえ外差しまで行くときついので、好位から長く脚を使える組にもっとも流れは向きそう。

~本命~

人気どころならダノンザキッドは外枠の不利がそこまでなくなるので、15番枠は悪くないと言える。折り合いに課題があるので、前が流れそうな点もプラス。

これは順当に有力ではあるが、狙いたいのは…

◎ウインイクシード

今回の展開であれば恐らく好位6番手ぐらい、少し前だと5番手あたりの追走になるだろうが、スムーズに縦長の馬群での追走、早めスタートから長く脚を使う最も持ち味を生かせる形になりそうだ。マンハッタンカフェ産駒は、得意条件では何度も走る。8歳になっても十分やれるはず。中山金杯は8枠16番で苦戦した印象もあるので、昨年好走したレースで、今年も巻き返しを期待したい。

中山芝中距離得意の松岡騎手(AJCCでも大穴)の手腕にも期待したい。

対抗以下のフル予想は、上述のノートからご覧いただければと思います。今日も良い日曜日にしましょう。

…今日もじゃないですね。今日”は”です。

来週は今日もと言えるように頑張ります。

Source: 仮TAROの競馬〜2nd season〜



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-予想

関連記事

京都金杯2021予想【追い切り後分析】武豊&シュリの不安要素公開!本命は好走時の追い切りパターン踏襲し、仕上がり万全のアノ馬!良馬場のマイル戦なら安定感抜群!

  京都金杯2021予想【追い切り後分析】武豊&シュリの不安要素公開!本命は好走時の追い切りパターン踏襲し、仕上がり万全のアノ馬!良馬場のマイル戦なら安定感抜群!   ⭐的中報告⭐ただいま検証中の「無 …

トラックマンTV ニューイヤーS、淀短距離S 2021「自信の勝負レース」予想と買い目

今回のトラックマンは日刊競馬の谷口弘晃さん、大阪スポーツの石川吉行さん。お二人の土曜日「自信の勝負レース」の買い目を紹介します。 前回は優馬の佐藤直文さんが中山11R(中山金杯)、競馬ブックの石井健太 …

阪神大賞典 2022 予想 うまンchu 買い目

今週のうまんchuは、伝統の長距離戦「阪神大賞典(G2)」を安藤勝己元騎手と予想。ゴールドシップなど数々の名馬が駆け抜けたこの舞台。長距離界を担う新たなスターが誕生するのか注目の一戦です。 (adsb …

【桜花賞2021】~白毛馬ソダシが無敗制覇か、それとも…? 不正受給、シレっと終えて、桜花賞(川柳)~

桜花賞といえばやっぱり今でも忘れられないのはプリモディーネですよね~。 1999年、高校の入学式の翌々日でした。福永祐一、初のG1制覇。 当時大川慶次郎さんが、 「これからいくつもこういうレースを勝つ …

no image

秋華賞2020 予想 うまンchu 買い目

今週のうまんchuは、牝馬3冠 最後の一戦となる「秋華賞(G1)」を安藤勝己元騎手と予想。デアリングタクトが競馬史にその名を刻む偉業を成し遂げるのか、それともライバルによる3冠阻止となるのか、大注目の …