なぜあの人は万馬券が獲れるのか。

万馬券のための競馬まとめサイト -より良い競馬予想と結果のために-

馬主分析

フェブラリーステークス2021予想 単勝万馬券の爆穴馬激走には共通点があった!?(京都牝馬・ダイヤモンドステークス・小倉大賞典の予想もあるよ)

投稿日:

お待たせしました!

早いもので今回は2021年最初の中央G1、フェブラリーステークス(東京ダ1600m)を取り上げさせてください。

今年は2019年の勝ち馬インティ(馬主:武田茂男)を筆頭に、中央地方ダートG1(Jpn1)勝ち馬が合計4頭参戦の豪華メンバー……というお決まりの文句は、毎週末馬券と格闘している読者諸兄には通用しないでしょう。

チャンピオンズCの勝ち馬チュウワウィザードはサウジ遠征。交流ダートG1競走4勝クリソベリルは故障休養中。東京大賞典3連覇オメガパフュームも不出走と、やや寂しい顔ぶれになってしまいました。

上位人気に支持されそうな有力馬は、前哨戦の根岸Sを快勝したレッドルゼル(馬主:東京ホースレーシング)はダ1600mが初めて。逆にルメール騎手が騎乗を予定しているカフェファラオ(馬主:西川光一)は東京ダ1600m2戦2勝も、G1では結果が出ていないのが気になります。

 

またフェブラリーSは普通に予想していてはまず買えない、

 

【ポイント】

単勝万馬券の爆穴馬激走

 

が珍しくないレースです。

 

2014年には単勝272.1倍の最低人気コパノリッキーが勝利。昨年は単勝142.6倍の16番人気ケイティブレイブが2着に粘り込んだのは記憶に新しいところ。

例年と比べて傑出馬不在の今年はどの馬にもチャンスがありますし、◎及び心の本命馬には完全ノーマークの隠し玉を抜擢も……?

2020 フェブラリーS

⑯ケイティブレイブ(2着)

ケイティブレイブの瀧本和義オーナーは東京ご当地馬主。O・S的には買えた!?

2/21(日) 東京11R フェブラリーS(G1)

ダ1600m 定量 フルゲート16頭

【出走予定馬】

※オーヴェルニュ 〇〇

※レッドルゼル 川田

サンライズノヴァ 松若

インティ 武豊

サクセスエナジー 酒井学

アルクトス 田辺

ワイドファラオ 福永

ヤマニンアンプリメ 横山武

カフェファラオ ルメール

エアスピネル 鮫島駿

ソリストサンダー 北村宏

エアアルマス 松山

スマートダンディー 秋山真

地ミューチャリー 御神本

ワンダーリーデル 横山典

ヘリオス 〇〇

【以下、除外対象】

地ワークアンドラブ 笹川翼

ハイランドピーク 〇〇

デュードヴァン 〇〇

タガノビューティー 石橋脩

タイサイ 〇〇

サザンヴィグラス 〇〇

ロードグラディオ 〇〇

※は優先出走権あり。地は地方競馬からの参戦

【2/15(月)更新】エア軍団2頭出しの激裏話は『期間限定記事』を要チェック!

お待たせしました!

本日は馬主協会で分類すると東京ご当地馬主、ラッキーフィールド2頭出しエアアルマス&エアスピネルを取り上げさせてください。

世間的な評価はどちらも10番人気前後でしょうけど……。詳しくは【期間限定記事】で公開する新聞に載らない激裏話次第によっては、激走が期待できる伏兵候補になります。

繰り返しになりますがフェブラリーSは、オーナー・サイダー馬券術と相性抜群!

2014、15年連覇コパノリッキーの馬主であるDr.copaこと小林祥晃オーナーは、東京馬主協会の副会長なのをご存知ですか?(副会長は西山茂行オーナーと2人体制)。

 

2014 フェブラリーS

⑬コパノリッキー(1着)

2015 フェブラリーS

④コパノリッキー(1着)

 

昨年16番人気で2着に激走した、ケイティブレイブの瀧本和義オーナーも東京馬主協会の相談役を務めています。詳しくは“大人の事情”により、コチラのリンクから東京馬主協会のホームページをご覧ください。

あと、現在は役職が変更になっている場合があります。東京に限らず馬主協会の役職は定期的に入れ替わりがあり、過去に古い役職を記載して読者諸兄もよ~くご存知のお方から、直接お叱りのメールを頂戴した苦い過去があるので……(副会長はワシですって苦笑)。

 

それはさておき、

 

【ポイント】

ラッキーフィールド代表の吉原毎文オーナーも東京馬主協会の相談役

 

を務めています。

 

条件が合わなかったチャンピオンズCでは惜しくも不発に終わりましたけど、オーナー地元開催の東京替わりで再び仕掛ければ、今回は1発あるかもしれませんよ?

—————————————————-

【ここから先は期間限定記事】

※大人の事情により近日中に削除します

 

【チャンピオンズC】同馬主2頭出しエア軍団の動向に注目!で詳しく解説したとおり、前走はエアアルマスがハナを切り、エアスピネルが直線勝負に賭ける

 

【ポイント】

“前門の虎、後門の狼チームプレー”

 

を仕掛けます!

 

しかし、先行担当のアルマスは掛かり気味に並びかけてきたインティ(3着)に絡まれ10着。スピネルはメンバー3位タイの上がり36秒6の末脚で差を詰めるも、7着まで追い上げるのが精一杯でした……。

 

2020 チャンピオンズC

⑥エアスピネル(7着) ④エアアルマス(10着)

過去に1度もハナを切ったことがないエアアルマスの逃げ作戦に要注目!

 

結果的に2頭共倒れになりましたけど、競馬予想と勝敗は兵家の常。陣営の意図は伝わってきましたし、作戦としては悪くなかったと思います。

そうだ。【チャンピオンズC】同馬主2頭出しエア軍団の動向に注目!の期間限定記事で公開した、新聞に載らない激裏話を削除するのを忘れていたので……大汗

まだご覧になられていない読者諸兄は是非チェックしていただくとして、エアアルマスの積極的すぎるレースぶりを振り返ると、本当はノーザンF関連馬のペースメーカー疑惑(!?)が浮上します。

勝ったのはノーザンF生産のチュウワウィザードであり、同馬はチャンピオンズCの最終結論!で事前に指摘したとおり、【先行激化を予想して中団から競馬をすると明言】していました。

そしてエアアルマスは外厩にノーザンFしがらきを使用する、“隠れノーザン”という……?

真相はどうあれエア2頭出しの1頭が前に行き、片方が後方から競馬をした事実に変わりはありません。

今年のフェブラリーSにノーザンF関連馬はエアアルマス1頭のみですし、今回のレースぶりでハッキリするでしょう。ペースが速くなり武蔵野S3着時と同じだけ走れば、御年8歳エアスピネルの激走があっても驚けませんよ!

【2/16(火)更新】エア軍団2頭出しチームプレー次第で激アツの穴馬とは?

お待たせしました!

本日はエア軍団2頭出しのチームプレー次第によっては激アツ確定(!?)、ダートの追い込み馬ワンダーリーデル(馬主:山本能成)を取り上げさせてください。

根岸Sでは単勝45.7倍(10人気)で2着に激走。衝撃の舞台裏は【期間限定記事】で公開するとして……。

チャンピオンズCに続いてエアアルマスが積極策に打って出るようであれば、前走の再現があるかもしれません。

詳しくは下記のYouTube動画をチェックしていただくとして、根岸S2着をひと言で説明すれば“棚(たな)から牡丹餅(ぼたもち)”。無欲の追い込みに徹した結果に過ぎません。

 

順を追って説明すると、レースは大川徹オーナー2頭出し⑧スマートセラヴィーは逃げて、②スマートダンディーが後方から直線勝負に賭ける馬主組織戦を仕掛けてきます。

特に先行役のスマートセラヴィーはゲートで後手を踏んで強引にハナを切りましたし、間違いなく馬主サイドからダビスタよろしく、「とにかく逃げろ」という指示が出ていたのでしょう(個人の感想です)。

しかし、改めて競馬に“絶対”はありません。スマートセラヴィーが我が身を犠牲(!?)にして作り上げたハイペースの流れを、スマートダンディーは1枠がアダとなり直線で内を突いて前が壁になり追い込み不発。悲しいなぁ・・・。

一方、同じ1枠でも直線で大外に持ち出したワンダーリーデルは、メンバー最速となる上がり34秒6の鬼脚で2着と、ハッキリ明暗が分かれました。

 

2021 根岸S

①ワンダーリーデル(2着)

⑧スマートセラヴィー&②スマートダンディーに注目。

 

すなわち、机上の計算だとフェブラリーSでエアアルマスがスマートセラヴィーと同じことをすれば、エアスピネルだけでなくワンダーリーデルにも展開が向く可能性が高い!

ワンダーは昨年のフェブラリーSでも勝ち馬と0秒6差の4着に好走。2019年には同舞台の武蔵野Sを豪快に差し切るなど、脚質的に東京ダ1600mはピッタリですからね?

あくまでレース展開次第……になりますけど、8歳馬と思ってバカにすると痛い目に遭うかもしれませんよ?

—————————————————-

【ここから先は期間限定記事】

※大人の事情により近日中に削除します

旧ブログからご覧の読者諸兄には説明不要ですけど、私は商売柄(!?)もあって新聞に載らない関係者情報に精通しています。

ただ、良くも悪くも競馬予想とレース展開は水物。勝てると断言していた馬が平気で負けたり、逆に陣営が全く気の無かった馬が激走。訴えてやる!(by上島竜兵)となることも珍しくありません。

 

根岸Sのワンダーリーデルは後者の典型例。主戦の横山典騎手が負傷により急遽、田中勝騎手と初コンビを組むことになり

 

「乗り難しいタイプだし枠も最悪。最後方から競馬をしてどこまで差を詰められるか……」

 

と偽らざる本音を漏らしていました。

 

それがスマート軍団2頭出しのお膳立て&仲良く自滅(!?)が重なったとはいえ、10番人気で2着ですからね。マジやってらんねぇ。。。

競馬は究極の自己責任。予想とレース結果が裏目に出た時も、様々な情報を総合的に判断した私の責任です。

根岸Sのスマートセラヴィーはスマートダンディーのペースメーカーではなく、本当は自らの残る“前門の虎、後門の狼チームプレー”だったとしても……泣(ベテランの戸崎騎手が若手ジョッキーみたいな乗り方をしたのは正直計算外。出遅れて慌てたとしても酷い!)。

【2/17(水)更新】今回のレッドルゼルは危険な人気馬!?

お待たせしました!

本日は今年のフェブラリーSで有力候補の1頭、レッドルゼル(馬主:東京ホースレーシング、生産:社台F)を取り上げさせてください。

先に結論から書くと、普通に予想すれば今回は『危険な人気馬』になります。

1400mまでの距離にしか出走経験がありませんし、2019年に前走で根岸Sを制して4連勝で挑んだコパノキッキングは、初めての1600mで後方から追い込むも、2番人気で5着に敗れました。

もちろん当時はマーフィー騎手から藤田菜騎手に乗り替わっていたコパノキッキングと、川田騎手の継続騎乗となるレッドルゼルを同列には扱えません。

またコパノキッキングは1400mでも気持ち距離が長いスプリント色の強い馬に対し、レッドルゼルはダ1400mで[4-3-0-1]。4走前のプロキオンS8着以外は、2着以内に好走しています。

 

2019 フェブラリーS

⑪コパノキッキング(5着)

距離を意識したのか最後方から直線勝負。馬主サイドの指示(命令)も裏目に出た!?

 

以上のことから馬券は1枚もイラない……とまでは断言できませんけど、少なくても上位人気で積極的に買う馬ではないでしょう。

詳しくは【期間限定記事】で公開する新聞に載らない激裏話を評価しても、現時点で押さえ予想。もう少し人気が無ければ☆くらいは打ちたい馬ですけど。。。。。。

—————————————————-

【ここから先は期間限定記事】

※大人の事情により近日中に削除します

距離経験が無いレッドルゼルを狙える根拠があるとすれば、主戦を務める川田騎手の評価でしょう。

 

予備知識として、興味深いエピソードを紹介しましょう。下記は2020年4/21付けで東京ホースレーシングHPに掲載されたレッドルゼルの近況情報です。

 

「5月30日(土)東京・欅ステークス(D1400m)に向かう予定でしたが、東京への長距離輸送でダメージを残したくないということ、相性の良い阪神コースで出走させたいとの理由から6月13日(土)阪神・天保山ステークス(D1400m)に変更となりました。ジョッキーは川田騎手で変更はありません」

 

ここでポイントは5/30(土)東京でレッドルゼルに乗るため、川田騎手は騎乗スケジュールを組んでいたこと。当時の同馬は3勝クラス→オープン特別を連勝中とはいえ、抜けた存在ではありませんでした。

 

それほどまでに川田騎手は、レッドルゼルの素質を高く買っていた裏返しでしょう。

 

しかし、東京HRの公式情報にあるとおり、陣営は欅Sから天保山Sに矛先を変更。想定外の事態にちょっとした“事件”が発生します。同じレースに川田騎手のお手馬であるデターミネーション(馬主:サンデーレーシング)も出走を予定していたのです。

デターミネーションは泣く子も黙るノーザンF直営クラブの有力馬。ただ、同馬も出走予定レースを心房細動の影響でスライドしており、難しい選択を迫られます。

 

最終的に川田騎手のエージェントは

 

「(レッドルゼルが)天保山Sに使ってくるのは想定外……」

 

馬主のパワーバランス(!?)を優先。渋る川田騎手を何とかなだめて、心房細動明けのデターミネーションに無理やり乗せる裏事情がありました(2番人気で10着に大敗)。

 

そもそも論として東京HR関係者が4/21の時点で、「ジョッキーは川田騎手で変更はありません」と断言してしまったのも大問題ですけど(5/15北村友騎手に変更と発表)、いまやレッドルゼルはG1フェブラリーSの有力候補ですからね~。

改めて1流ジョッキーの目利きは確かであると同時に、心ならずも期待馬の手綱を譲る形になった川田騎手の心中は察するに余りあります。

もし北村友騎手で勝っていれば戻って来なかった可能性がありますし、天保山Sで2着に取りこぼして川田騎手サイドは正直ホっとしたんじゃないですか?(個人の感想です)。

2020 天保山S

⑫レッドルゼル(2着)

スタート出遅れが響いたのか直線で追い上げるも勝ち馬サヴィを捉え切れず……。

【2/18(木)更新】魔改造(!?)を施されたカフェファラオに注目する理由

お待たせしました!

本日は汚名返上に魔改造(!?)を施された、カフェファラオ(馬主:西川光一、生産:Paul P. Pompa)を取り上げさせてください。

正直、同馬も2/17(水)の記事で取り上げたレッドルゼルと同じく、馬券的には積極的に買いたくない有力馬になります。

陣営は人気を裏切ったチャンピオンズC6着の敗因を公式の場で名言していません。恐らくルメール騎手が乗らなければ、4~5番人気前後の評価が妥当でしょう。

 

2020 チャンピオンズカップ

⑦カフェファラオ(6着)

 

しかし、今回のカフェファラオは関係各所に配慮して【期間限定記事】で公開する、

 

【ポイント】

魔改造(!?)

 

を施されています。

 

また西川光一オーナーは東京馬主協会に所属するご当地馬主であり、オーナー地元開催の東京ではフェブラリーSと同舞台のユニコーンS圧勝を含む2戦2勝なのも見逃せません。

オーナー・サイダー的には本命級の評価が必要になりますし、これで人気が落ちれば最高だったんですけどね~。

2020 ユニコーンS

⑯カフェファラオ(1着)

—————————————————-

【ここから先は期間限定記事】

※大人の事情により近日中に削除します

一部スポーツ紙が記事化しているので隠す必要も無かったりしますけど、1週前追い切りでカフェファラオは操縦性強化の目的でハミをリングビットに替えてクロス鼻革を着用。さらに集中力を高めるためチークピーシーズを装着!?

上記の装備変更を無理やり車に置き換えると、ハンドル回りを総とっかえして、エアロパーツを取り付けた感じですかね?(個人の感想です)

 

カフェファラオの積んでいるエンジンは間違いなくG1級。それだけに今回の魔改造(!?)は

 

「チャンピオンズCで負けたのは気性と操縦面の問題。能力をフルに発揮できればあんなことはない……」

 

という厩舎サイドの確固たる意志の表れとも受け取れます。

 

毎週末馬券と格闘している読者諸兄はよ~くご存知のとおり、競馬ではハミ変更や特殊馬具の装着でガラリ一変することが多々あります

代表的な例が競馬新聞でB表記があるブリンカー装着馬ですけど、ほぼ同等の効果があるチークピーシーズは何故か申告義務がありません。

まぁ、パドック周回時にチークP装着の有無は目視で確認できるとはいえ、ハミ交換となると素人レベルではお手上げ。その道のプロでないと判別は不可能でしょう。

すなわち、上記の魔改造(!?)が不意打ちで行われていたら、競馬ファンの立場だと知る術が無かったということ。

さすがに今回はぶっつけ本番を避けて“試し乗り”をしてくれたお陰で、ハミ交換&特殊馬具の装着を事前に確認できましたけど……。気性的に全幅の信頼までは微妙ですけど、ここまでやったのだからオーナー地元開催替わりで超ヤリ確定!?

GTRで爆走してたら魔改造のアテンザを発見したので

話しかけてみたらまさかの展開に。。。❓⁉️

上記動画はイメージです。カフェファラオはアテンザではないよな~

次回更新は2/19(金)を予定しています。今年は阪神芝1400mで行われる京都牝馬ステークス(G3)の予想を公開しますのでお楽しみに!

 

Source: 小宮城の馬主馬券術 〜オーナー・サイダー〜



雑誌でお馴染みの競馬最強の法則。
万馬券を狙うなら無料登録だけでもしておく価値あります!

-馬主分析

関連記事

【お知らせ】浦和記念の見解は色んな場所×3で公開!(※新ブログで『ジャパンCアーモンドアイ電撃参戦の舞台裏』を毎日更新中!)

【ジャパンカップ 2020】馬券に役立つ情報をコソッ!とお教えします。 PR【重賞情報袋とじ】 【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法   いつも応援クリック本当にありがとよ!! ↓質問応援メッセージ …

【日経新春杯2021予想】今年は中京!アドマイヤビルゴの激裏話

お待たせしました! 今回は京都競馬場の改修工事により、中京に舞台を移す日経新春杯(G2、ハンデ芝2200m)を取り上げさせてください。 普段は条件戦のみ行われる中京芝2200mですけど、今年は下記で紹 …

【特別編成】中央&地方重賞(ジャパンダートダービー、函館記念、中京記念など)の予想を14(水)より更新!

お待たせしました! 今回は後述する“大人の事情”により、中央&地方重賞の予想を中心とした特別編成の更新スケジュールでお伝えさせてください。   【記事更新スケジュール予定】 7/14(水) ジャパンダ …

【七夕賞2021予想】2018年3連単256万馬券の再現!?『セレクトセールきょうだいヤリ』とは?(プロキオンステークス&川崎スパーキングレディーカップの予想もあるよ)

お待たせしました! 今回は波乱必至のハンデ重賞、七夕賞(G3、福島芝2000m)を取り上げさせてください。 突然ですが今年の出走予定馬で注目している激走候補がいます。ワーケア(馬主:落合幸弘、生産:ノ …

【お知らせ】名古屋グランプリの予想は色んな場所×3を要チェック!(新ブログは毎日更新中)

【阪神ジュベナイルF2020予想】今年の2歳はどの馬が強いの?イチから教えます PR<1日3分で分かる!>重賞攻略ガイド 【重要】色んな場所でO・S馬の確認方法   いつも応援クリック本当にありがとよ …